アーティスト

富松篤 Atsushi Tomatsu

1985年、和歌山県生まれ。彫刻家。石巻市在住。2011年、東京造形大学院造形研究科修了。同年、東京都八王子市に同大学の仲間達とオープンスタジオ「pimp studio」を立ち上げる(2016年まで在籍)。都内を中心に作品を発表。Art Lab Tokyoにて個展「Tomatsu Atsushi solo exhibition」を開催。2013、2014年、ART FAIR TOKYO (Art Lab Tokyoブース)にて出品、「現代における人体彫刻の可能性」というテーマを機軸に人体木彫表現を展開。2016年、東京から石巻市牡鹿半島に制作拠点を移し、「アトリエとアート作品がある浜」とテーマを増やし、「Reborn-Art Festival 2017」で流木を使用した立体作品シリーズ「牡鹿に棲まうもの」を発表、会期終了後、牡鹿半島鮎川浜、桃浦に作品を設置する。2019年、アーティスト有馬かおる氏が立ち上げた「石巻のキワマリ荘」「GALVANIZE gallery」代表になる。