アーティスト

PHOTO:Yuka Yamada

久松知子 Tomoko Hisamatsu

1991年、三重県生まれ。山形県在住。2017年、東北芸術工科大学大学院修士課程日本画領域修了。2019年、同大学院博士課程中退。日本の近現代美術の制度や歴史観への疑問を出発点に、絵画を制作している。近年は、「小さな物語を描く」ことをテーマに、スマートフォンで撮影した画像を基にした、フォトペインティングに取り組んでいる。2018年、大原美術館のアーティストインレジデンスプログラム「ARKO2018」に招聘。合わせて個展を開催。2015年、《日本の美術を埋葬する》で、第7回絹谷幸二賞奨励賞、《レペゼン 日本の美術》で第18回 岡本太郎現代芸術賞 岡本敏子賞受賞。また、自身の絵画制作に並行して、既存の美術の制度にとらわれない制作発表の在り方を、他者との協働の中で探求しており、芸術運動体「山形藝術界隈」や福島県喜多方市の美術愛好団体「新北方美術倶楽部」に参加している。