2004年、ap bankの可能性をさらに広げるため、小林武史、櫻井和寿を中心に結成。
2004年1月には、これからの未来のために“一生活者としてできること”を音楽を通して感じて欲しいというメッセージのもと、カバーソングライブ「BGM~Bank Band with Gift of Music for AP BANK」を開催。
ここで演奏した曲を新たにスタジオレコーディングしたアルバム「沿志奏逢」を2004年10月にリリース。
2005年から開催している「ap bank fes」ではハウスバンドとしての役割を担う。
今までに「沿志奏逢2」「沿志奏逢3」と3枚のアルバムをリリースしている。
2016年には7月には、5曲目のオリジナルソング「こだま、ことだま。」を配信限定でリリースした。