市街地エリア | キュレーター:有馬かおる

守章

もり あきら

1967年、宮城県石巻市生まれ。石巻・東京に在住。1996 年、双子の兄弟ユニットとしての活動を開始。守章は、「私」と「他者」を結び、遠ざける各種メディアが生む「距離感」、集団や自治体などの区分けに存在する見えない「境界」を視聴覚化する制作を行っている。守の作品は、「VIDEONALE 7」(ボン市立美術館・ドイツ)、MOTアニュアル2000「低温火傷」展(東京都現代美術館・東京)、「そらいろユートピア展」(十和田市現代美術館・青森)、「MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景」展(清澄白河周辺/東京都現代美術館主宰・東京)、Path-Artの仲間たち 富田俊明×守章「リップ・ヴァン・ウィンクルからの手紙」展(釧路市立美術館・北海道)などで展示されている。

ART DRUG CENTERとは
人はアート(芸術)に救われ生きる活力を得ている。石巻の人々はアートに出会い、希望や活力をもらい乗り越えてゆく。この街にいるために、この街を出るために、この街をつなぐために、死んだ人に会うためにアートを必要とする人たちの展示。
  • 美祢市立秋吉小学校でのワークショップ 2001.02.19
    写真提供:秋吉台国際芸術村