市街地エリア | キュレーター:有馬かおる

ちばふみ枝

ちば ふみえ

1981年、宮城県石巻市出身・在住。2006年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻 彫刻コース修了。同年、椹木野衣氏が審査員を務める「ニュー・アート・コンペティション of Miyagi 」に入選。その後、都内中心に作品を発表。2011年、震災を機にUターン。翌年には地元石巻での初の個展「くすんだベール」を開催。震災体験を共有するクライストチャーチと宮城のアーティストたちの協働企画「 Shared Lines 」に2012年より携わり、仙台メディアテークでのグループ展と翌2013年のカンタベリーミュージアムでのグループ展に参加。2017年 Reborn-Art Festival が終了した後の GALVANIZE Gallery 初の企画展にて個展「 serendipity 」を開催。窓にかかるカーテンや扉などの「仕切り」の性質に着目し、現実と想像の世界との往還や、自分と自分以外の人や物との関係をテーマに、こちら側とあちら側をつなぐ「場」としての造形を展開している。
  • 《ひより》2012年 h2010×w1630×d530mm MDF、塗料、布