市街地エリア | キュレーター:有馬かおる

halken LLP

はるけん

山形出身の画家・スガノサカエ(1947-2016)のマネジメントをきっかけに、2012年に結成された二人組のチーム。展覧会のキュレーションや構成・デザイン、アーティストブックの企画・制作・出版、アーティストマネジメントなど、幅広く活動を展開している。キュレーションを手がけた主な展覧会に、十和田市現代美術館「スガノサカエの図画展」(2010)、山形ビエンナーレ 2014「スガノサカエ図画展 山をなぞる trace the life」、山形ビエンナーレ 2016「スガノサカエ図画展 pose of repose ~安息のポーズ~」、山形県東根市美術館(まなびあテラス)「TOCHKA Playground!」展(2017)など。山形ビエンナーレ2018では、企画展「現代山形考」の展示構成・デザインを手がけた。企画・制作・出版したアーティストブックに、スガノサカエ『FLAMENCO SKETCHES』、下道基行『日曜画家/Sunday Painter』[普及版]などがある。2017年より山形藝術界隈の展覧会ビジュアルのデザインを手掛け、現在は同グループのマネジメントやキュレーションなどにも携わっている。