市街地エリア | キュレーター:有馬かおる

鹿野颯斗

かの はやと

1996年、宮城県石巻市生まれ。石巻市在住。2019年、東北芸術工科大学映像学科卒業。2018年に嶋脇佑と「在(ざい)」というユニットを組み、「石巻のキワマリ荘」2F の「マニマニ露天」で月に一度展示を行い、活動を始める。Video とは何かを探求しながら作品を制作している。

ART DRUG CENTERとは
人はアート(芸術)に救われ生きる活力を得ている。石巻の人々はアートに出会い、希望や活力をもらい乗り越えてゆく。この街にいるために、この街を出るために、この街をつなぐために、死んだ人に会うためにアートを必要とする人たちの展示。

接触

市街地エリア  | B5-4

この街のてざわりを感じるために

接触

市街地エリア  B5-4

MAP

この街のてざわりを感じるために

「本作では、事前に切り取られた映像が展示環境と接触し続けることで変化していくシステム を構築します。光の変化や音の変化を取り込みながら、そのことによって生まれる映像の手 触りを感じてもらえればと思います。石巻で生きるということは、石巻から与えられたもの と接触しながら自らが変化していくということです。与えられたものとの手触りを感じながら生きていくためにはどうすればいいのかをこの作品を通して考えられればと思います」(鹿野颯斗)

制作年:2019
鑑賞可能時間
10:00~17:00(16:30最終受付)
作品の場所
ART DRUG CENTER
オフィシャル
ツアー
×
パスポート
必須

このエリア周辺の作品