荻浜エリア | キュレーター:名和晃平

野村仁

のむら ひとし

Coming Soon

Analemma–Slit : The Sun,
Ishinomaki

荻浜エリア  | D2

運動する太陽と目が会う瞬間

展示イメージ

Analemma–Slit : The Sun,
Ishinomaki

荻浜エリア  D2

MAP

運動する太陽と目が会う瞬間

「石巻の地で元気な太陽を観るプラン。
太陽と目を合わせる刹那、不思議な時間感覚。」(野村仁)

制作年:2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝・8月13日~16日…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
ホワイトシェルビーチ
オフィシャル
ツアー
○ 牡鹿半島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

アーティスト関連トピック

  • ワタリウム美術館でRAF2019関連アーティスト・トークを開催

    網地島エリアのキュレーションを担当する和多利恵津子・和多利浩一がワタリウム美術館(東京・表参道)でリボーン・アートフェスティバル2019参加作家たちとともにトークショーを開催します。
    詳細を見る

    2019.08.08

  • 「リボーンアート・パスポート」の購入方法や使い方

    高校生以上の方がリボーンアート・フェスティバル2019のアート作品を鑑賞するには、「リボーンアート・パスポート」が必要です。「リボーンアート・パスポート」ですべての展示作品、一部のイベントをご覧いただくことができます。その購入方法や使い方などをご案内します。
    詳細を見る

    2019.08.02

  • 「インフォメーション」設置場所のご案内

    リボーンアート・フェスティバルの各エリアに設置されたインフォメーション(案内所)では、無料ガイドブックの配布、リボーンアート・パスポートの販売および引き換え、エリア入場管理スタンプの押印、道案内、グッズの販売(一部インフォメーションのみ)などを行います。
    詳細を見る

    2019.08.02

  • ガイドブックPDF版を公開

    リボーンアート・フェスティバルを巡る情報がコンパクトにまとまったオフィシャルガイドブック(無料)を会期中、開催エリアを中心とした各地で配布します。PDF版は以下からダウンロードもできます。
  • オフィシャルツアー「網地島コース」特別キュレーターツアー追加

    バスに乗って移動し、ガイドの話を聞きながら主な作品を鑑賞できる便利なオフィシャルツアー「リボーンアート・ツアー」。すでに好評販売中の牡鹿半島コースに加え、網地島コースも発売となりました。
    詳細を見る

    2019.08.15

  • 坂本大三郎+大久保裕子新作公演 チケット販売開始

    リボーンアート・フェスティバル<小積エリア>の参加アーティストである坂本大三郎+大久保裕子が、ダンスにアオイヤマダ、ラップに鎮座DOPENESSをむかえ、新作パフォーマンス作品の公演を行います。
    詳細を見る

    2019.08.01