奥田昌輝

おくだ まさき

アニメーション作家。1985年、横浜市生まれ、同市在住。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修士課程修了。東京藝術大学在学中に制作した「くちゃお」がアニマドリード学生部門グランプリ、クロク国際映画祭学生部門グランプリを受賞した他、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門へのノミネートや国内外の映画祭で受賞・上映多数。様々な表現手法を用いたグラフィックをユーモラスかつ軽快なリズムで変幻自在に動かす。アニメーションの手法としてのメタモルフォーゼ(変形)に興味を持ち、モチーフが変化していくアニメーション独自の表現を追求している。主な仕事に、NIKEの広告映像、Special Favorite Music 「Royal Memories」MVがあり、広告映像やTVドラマ・映画のタイトル映像、ライブ演出映像、教育コンテンツ等、制作物は多岐にわたる。

アーティスト関連トピック

  • オペラ『四次元の賢治 -完結編-』宮城公演、8.16に券売開始

    7月に釜石で上演され、空前の感動を呼んだオペラ『四次元の賢治 -完結編-』の宮城公演が9月22日(日)・23日(月祝)に塩竈市杉村惇美術館で行われます。原案・宮沢賢治、脚本・中沢新一、音楽・小林武史による異色の舞台作品には満島真之介、Salyu、コムアイらが出演。8月16日(金)18:00より先行発売。
  • 『四次元の賢治』の「声」の出演、追加発表

    「四次元の賢治」に「声」の出演として、2017年に続き細野晴臣と、ナレーションとして安藤裕子の参加が発表となりました。先日発表された太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子に加え、5名のアーティストによる「声」の出演となります。
    詳細を見る

    2019.07.12

  • オペラ『四次元の賢治』券売開始

    原作・宮沢賢治、脚本・中沢新一、音楽・小林武史の『四次元の賢治 -完結編-』を上演。7月に釜石、9月に塩竈で、満島真之介、Salyu、コムアイらが出演。