桃浦エリア | キュレーター:小林武史

増田セバスチャン

ますだ せばすちゃん

1970年生まれ。文化庁文化交流使、ニューヨーク大学客員研究員、京都造形芸術大学客員教授。90年代より演劇・現代美術界で活動を始め、原宿のKawaii文化をコンテクストに作品を制作。2014年ニューヨーク個展「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」を皮切りに、世界10都市でアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」などを展開中。

展示作品

ぽっかりあいた穴の秘密

桃浦エリア  | C12

穴はポジティブになりえるか

展示イメージ

ぽっかりあいた穴の秘密

桃浦エリア  C12

MAP

穴はポジティブになりえるか

「『穴』。それは凸凹のぼこ。圧倒的なネガティブな存在である『穴』が、空に向かってどこまでも突き出ていくとき、それはポジティブになりえるだろうか?ミヒャエル・エンデ作『モモ』は、円形劇場の廃墟に住みついた女の子の話。モモに話を聞いてもらうと、悩みがたちどころに解決されてしまうので、いつの間にか町になくてはならない存在になりました。『穴』に降りていくと、そこは誰かの劇場。空を眺めたり、佇んだり、考えごとをしたり。穴の中で誰かの物語を空想しながら、私たちは“ぽっかり空いた穴”をキラキラで満たしていきます」(増田セバスチャン)

制作年:2019

共同制作:dot architects、京都造形芸術大学ウルトラファクトリー、Lovelies Lab. Design Studio
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝・8月13日~16日…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
旧荻浜小学校校庭
オフィシャル
ツアー
○ 牡鹿半島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

Microcosmos―Melody―

桃浦エリア  | C9

廃校の音楽室にあのピアノが

Microcosmos―Melody―

桃浦エリア  C9

MAP

廃校の音楽室にあのピアノが

「自分の小宇宙を奏でる」をテーマに作られた誰でも弾けるアートピアノが、2018年に閉校し、ピアノが撤去された旧荻浜小学校の音楽室に出現します。 昨年、TRANSIT! Reborn-Art 2018の「Reborn-Art Music Week 小林武史BGM for the ART with friend@牡鹿ビレッジ/荻浜」では、牡蠣殻が敷き詰められた白い浜に置かれ、小林武史とミュージシャンたちが音楽を奏でました。
*Marunouchi GW Festival 2018「Art Piano in Marunouchi」にて制作

制作年:2018
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝・8月13日~16日…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
旧荻浜小学校3F音楽室
オフィシャル
ツアー
○ 牡鹿半島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

  • New Generation Plant #2 -Mushroom-, 2016

  • あっちとこっち #東北, 2017