Salyu

さりゅ

2000年4月、Lily Chou-Chou としてデビューを果たし、彼女の歌が全編にフィーチャーされた岩井俊二監督作品、映画『リリイ・シュシュのすべて』が公開される。2003年には映画「kill bill」で、「回復する傷」がタランティーノ監督からの強いリクエストにより劇中歌として採用。2004年、日本を代表する音楽プロデューサー小林武史プロデュースのもとSalyu としてデビュー。2006年にはBank Band with Salyuとして「 to U 」をリリース。Mr.Children桜井和寿とのデュエットで、圧倒的な声の存在感が注目を集める。2008年には日本武道館にて単独公演を成功。2011年には Cornelious(小山田圭吾)との共同プロデュースによる『 s (o)un(d)beams 』を salyu × salyu 名義で発表。国内外問わず多くの音楽ファン、クリエーターから注目されると共に、前衛的な作品が海外からも注目を集め、ロンドン、バルセロナ、バンコク、オーストラリアと海外公演やフェスに多数出演を果たし、大きな話題となる。2014 年には台湾、香港公演を行いアジア圏からの注目度も高い。2018年には13年ぶりに Bank Band with Salyu 名義で「 MESSAGE-メッセージ-」を発表。2019年2月には3度目となるフルオーケストラコンサート「 billboard classics Salyu with 小林武史 premium symphonic concert 2019 」を開催し、話題を集める。

アーティスト関連トピック

  • 「転がる、詩」ライブレポート(2)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポート(2)をお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.18

  • 「転がる、詩」ライブレポート(1)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポートをお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.17

  • オペラ『四次元の賢治 -完結編-』宮城公演、8.16に券売開始

    7月に釜石で上演され、空前の感動を呼んだオペラ『四次元の賢治 -完結編-』の宮城公演が9月22日(日)・23日(月祝)に塩竈市杉村惇美術館で行われます。原案・宮沢賢治、脚本・中沢新一、音楽・小林武史による異色の舞台作品には満島真之介、Salyu、コムアイらが出演。8月16日(金)18:00より先行発売。
  • 『四次元の賢治』の「声」の出演、追加発表

    「四次元の賢治」に「声」の出演として、2017年に続き細野晴臣と、ナレーションとして安藤裕子の参加が発表となりました。先日発表された太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子に加え、5名のアーティストによる「声」の出演となります。
    詳細を見る

    2019.07.12

  • オペラ『四次元の賢治』券売開始

    原作・宮沢賢治、脚本・中沢新一、音楽・小林武史の『四次元の賢治 -完結編-』を上演。7月に釜石、9月に塩竈で、満島真之介、Salyu、コムアイらが出演。