鮎川エリア | キュレーター:島袋道浩

島袋道浩

しまぶく みちひろ

Photo: Noguchi Rika

美術家。1969年生まれ。神戸市出身。12年間のドイツ、ベルリン滞在後、2017年より那覇市在住。1990年代初頭より国内外の多くの場所を旅し、そこに生きる人々の生活や文化、新しいコミュニケーションのあり方に関するパフォーマンスやインスタレーション作品を制作。詩情とユーモアに溢れながらもメタフォリカルに人々を触発するような作風は世界的な評価を得ている。パリのポンピドゥー・センターやロンドンのヘイワード・ギャラリーなどでのグループ展やヴェニス・ビエンナーレ(2003、2017年)、サンパウロ・ビエンナーレ(2006年)、ハバナ・ビエンナーレ(2015)、リヨン・ビエンナーレ(2017年)などの国際展に多数参加。前回、2017年のリボーン・アート・フェスティバルにも参加し、鮎川ののり浜で「起こす」という作品を発表した。2020年にはヨーロッパ各地での大規模な個展が企画されている。作品はポンピドゥー・センターやモナコ新国立美術館など世界各地の美術館やアートセンターに収蔵されている。著書に『扉を開ける』(リトルモア)、絵本『キュウリの旅』(小学館)など。

展示作品

鮎川の土——起きる/鮎川展望台

鮎川エリア  | F5

植物が起きる、町が見渡せる場所

鮎川の土——起きる/鮎川展望台

鮎川エリア  F5

MAP

植物が起きる、町が見渡せる場所

「鮎川集会所の3階は普段使われていない、人々に忘れられているような場所です。そんな場所でも植物は静かに強く生きています。目をこらすと人々からは雑草と呼ばれるいろんな種類の植物が少ない土を分け合って生きている様子が伺えます。そしてこの場所からは鮎川の町が見渡せ、鮎川の現在を見ることができます」(島袋道浩)

制作年:2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝・8月13日~16日…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
鮎川集会場3Fバルコニー 石巻市鮎川浜寺前18−2
オフィシャル
ツアー
○ 牡鹿半島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

白い道

鮎川エリア  | F8

山道の先にあるもの

白い道

鮎川エリア  F8

MAP

山道の先にあるもの

「白い道は樹木の間を抜け、空へ、海へと延びていきます。金華山が迫り、波の見えるところ、そこに鳥たちはあそんで居るでしょうか?そこは自然をもう一度発見するところです」(島袋道浩)

制作年:2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝・8月13日~16日…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
コバルト荘跡地の下
オフィシャル
ツアー
○ 牡鹿半島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

  • 起こす, 2017

  • 起きる, 2017

アーティスト関連トピック

  • 詩人の家 BARの最終日・9月29日(日)の営業時間変更のお知らせ

    RAF2019最終日の9月29日(日)、鮎川エリアの詩人の家 BARは展示の終わる1時間前、16:00よりオープンし、18:00に営業を終了します。常連の方々、これまでなかなかチャンスのなかった方々、最後なのでぜひお越しください。
    詳細を見る

    2019.09.25

  • 作品 F10《時報》(青葉市子作品/キュレーター島袋道浩)の展示見直しについて

    作品 F10《時報》は、石巻市内に定期的にながれる時報を、いままでと同じ楽曲を用いながら、音楽家である作家自身の声を使って録音制作した作品でした。 実行委員会としてもより豊かな音の響きが街の風景に新た …

    詳細を見る

    2019.08.13

  • 詩人の制作場所が夜な夜なバーに!?「詩人の家 BAR」営業中

    詩人の吉増剛造がリボーンアート・フェスティバルの会期中ほぼ毎日、執筆や制作、観客との交流を行う「詩人の家」は鮎川エリアの中心地。その「詩人の家」は作品鑑賞時間終了後の数時間、バーとして開かれています。
    詳細を見る

    2019.08.11

  • ワタリウム美術館でRAF2019関連アーティスト・トークを開催

    網地島エリアのキュレーションを担当する和多利恵津子・和多利浩一がワタリウム美術館(東京・表参道)でリボーン・アートフェスティバル2019参加作家たちとともにトークショーを開催します。
    詳細を見る

    2019.08.08