市街地エリア | キュレーター:有馬かおる

久松知子

ひさまつ ともこ

Photo: Yuka YAMADA

1991年、三重県生まれ。山形県在住。2017年、東北芸術工科大学大学院修士課程日本画領域修了。2019年、同大学院博士課程中退。日本の近現代美術の制度や歴史観への疑問を出発点に、絵画を制作している。近年は、「小さな物語を描く」ことをテーマに、スマートフォンで撮影した画像を基にした、フォトペインティングに取り組んでいる。2018年、大原美術館のアーティストインレジデンスプログラム「ARKO2018」に招聘。合わせて個展を開催。2015年、《日本の美術を埋葬する》で、第7回絹谷幸二賞奨励賞、《レペゼン 日本の美術》で第18回 岡本太郎現代芸術賞 岡本敏子賞受賞。また、自身の絵画制作に並行して、既存の美術の制度にとらわれない制作発表の在り方を、他者との協働の中で探求しており、芸術運動体「山形藝術界隈」や福島県喜多方市の美術愛好団体「新北方美術倶楽部」に参加している。

山形藝術界隈とは
「山形ビエンナーレ2016」期間中に開催されたアートの市「芸術界隈」(ディレクター・三瀬夏之介)から派生した芸術運動体として2016年より活動開始。絵画・音楽・パフォーマンス等それぞれの表現活動を行なうメンバーが集まり、既存の枠組みに捕われない新たな作品制作・発表のあり方を模索する実験的な活動を行なっている。2017年は、山形・ミサワクラス、山形・白鷹町文化交流センター、東京・新宿伊勢丹(ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ)、山形・鶴岡アートフォーラム(東北画は可能か?/三瀬夏之介個展 関連企画)での各種展示を行なった。2018年は、RAF2019キュレーター有馬かおるとの出会いをきっかけに生まれたプロジェクト「年間山形藝術界隈展」を立ち上げ、2019年2月まで年間を通しての企画展示を宮城・GALVANIZE gallery(石巻のキワマリ荘)で行なった。

小さな物語を描く

市街地エリア  | B3-8

家族写真への絵画からの考察

《小さな物語を描く》2018年 Photo: Yuka Yamada

小さな物語を描く

市街地エリア  B3-8

MAP

家族写真への絵画からの考察

「『小さな物語を描く』は2017年から取り組んでいるシリーズです。作者自身のスマートフォンで撮影したスナップ写真を絵画として描きなおしています。デジタルデバイスにとどめられた現代のスナップ写真の多くは、大量に生み出され、残されにくい。またスナップ写真とは、持ち主と被写体との関係性がそのまま写真の価値や愛着につながるものであると考えられます。もともとは、デジタル写真を通した作者自身の思い出を残すための手段としてはじめた作品ですが、今回発表する新作では、人の生死とメディウムとの関わりについて考えます」(久松知子)

制作年::2018-2019
鑑賞可能時間
10:00~17:00(16:30最終受付)
作品の場所
旧柏屋
オフィシャル
ツアー
×
パスポート
必須

このエリア周辺の作品