REBORN ART FESTIVAL

2017年 『四次元の賢治 -第1幕-』

『四次元の賢治 -完結編-』

Supported by 木下グループ

2017年の第1幕上演から約2年。
宮沢賢治の諸作をベースに思想家・中沢新一が脚本を書き下ろし、
小林武史がオペラに仕上げた異色の舞台作品が第2、3幕を加えここに完結。
キャストには新たに俳優・満島真之介やコムアイ(水曜日のカンパネラ)等を配し、
他に類を見ないフォーマットによる瞠目のオペラが登場する。

原案
宮沢賢治
脚本

中沢新一
脚本

中沢新一

1950年、山梨県生まれ。思想家・人類学者。 明治大学野生の科学研究所所長。 インド・ネパールでチベット仏教を学び、帰国後、人類の思考全域を視野にいれた研究分野(精神の考古学)を構想・開拓する。 著書に『チベットのモーツァルト』『アースダイバー』『カイエ・ソバージュ』シリーズ『芸術人類学』「野生の科学」ほか多数。 日本の各地における歴史や文化の生成を人文科学と自然科学の両観点から解き明かそうとする試みである「アースダイバー」プロジェクトや展覧会の監修など、多岐に渡る活動を展開している。

音楽

小林武史
音楽

小林武史

音楽家、ap bank代表理事。日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手掛ける。映画音楽においても『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』を手掛けるなど数々の作品を生み出す。2003年に非営利組織「ap bank」を設立。環境プロジェクトに対する融資から始まり、野外音楽イベント「ap bank fes」の開催や東日本大震災などの被災地支援を続けている。千葉県木更津市で農場も運営し「食」の循環を可視化するプロジェクトも進めている。東日本大震災復興支援の一環としてスタートしたリボーンアート・フェスティバルでは実行委員長および制作委員長を務め、前回は、ビジュアルデザインスタジオWOWとバルーン・アーティストDAISY BALLOONとのインスタレーション作品《D・E・A・U》を制作。

【 岩手公演 】

『四次元の賢治 -完結編-』 
三陸防災復興プロジェクト2019

日程 : 2019年7月13日(土)
開場 : 16:00 / 開演 : 16:30 / 終演 : 18:30(予定) 開場 : 16:00(予定)
開演 : 16:30(予定)
終演 : 18:30(予定)

会場 : 釜石市民ホール TETTO 
岩手県釜石市大町1-1-9

出演 : 満島真之介、Salyu、
コムアイ(水曜日のカンパネラ)
ヤマグチヒロコ、他

原案 : 宮沢賢治 
脚本 : 中沢新一 
音楽 : 小林武史

チケット 一般料金 : ¥4,000 (税込・指定席)
釜石市民ホール窓口販売料金 : ¥3,000 (税込・指定席)
※釜石市民ホール来館購入者限定発売
先行販売 チケット先行受付中
*販売期間は下記の各サイトにてご確認ください。

チケットぴあ

ローソンチケット

EMTG(電子チケット)

釜石市民ホール TETTO
TETTO 電話受付(9:00-22:00)
0193-22-2266
一般発売 6月15日(土)より、各プレイガイド、
釜石市民ホール TETTO にて販売。
お問い合わせ GIP 022-222-9999(24時間テープ対応)
※ 未就学児は入場不可。小学生以上はチケットが必要となります。
※ 枚数制限:1公演につき4枚まで
※ 客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。

主催 : 三陸防災復興プロジェクト 2019 実行委員会
企画・制作 : Reborn-Art Festival 実行委員会、株式会社 LIVE
後援 : 宮城県、石巻市
協力 : 木下グループ

※JR釜石駅から徒歩10分
※JR東北新幹線新花巻駅から釜石駅まで快速「はまゆり」で1時間40分

【 宮城公演 】

『四次元の賢治 -完結編-』
Supported by 木下グループ

日程 : 2019年9月22日(日)
   2019年9月23日(月・祝)

会場 : 塩竈市杉村惇美術館 
宮城県塩竈市本町8番1号

出演 : 満島真之介、Salyu、
コムアイ(水曜日のカンパネラ)
ヤマグチヒロコ、他

原案 : 宮沢賢治 
脚本 : 中沢新一 
音楽 : 小林武史 

*チケット情報は後日、本サイト、
 SNSにてお知らせいたします。


主催 : Reborn-Art Festival 実行委員会
企画・制作 : Reborn-Art Festival 実行委員会、株式会社 LIVE
特別協賛 : 木下グループ

※本塩釜駅(JR仙石線)から徒歩10分
※塩釜駅(JR東北本線)から徒歩20分