Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

9月10日(金)17:00〜、岩根愛作品関連トーク「ギンザケのゆくえ」を石巻ASATTEで開催

人間と鮭の関係をテーマに、女川とカリフォルニアの2つの土地で新作映像《Coho Come Home》を制作した岩根愛。今回銀鮭養殖の撮影にご協力いただいた株式会社マルキンの鈴木真悟氏と、自然と人の関係を社会学的に研究する福永真弓氏をお迎えして、人と鮭の歴史をたどりながら、あるべき共生関係を探ります。


Reborn−Art Festival 2021-22
岩根愛作品関連イベント
トーク「ギンザケのゆくえ」


日時:
2021年9月10日(金)17:00〜

会場:
石巻ASATTE(宮城県石巻市立町2-5-5)
GoogleMap

出演:
鈴木真悟(株式会社マルキン常務取締役)
福永真弓(東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授、社会文化環境学専攻 環境社会/環境倫理)

ナビゲーター:
岩根愛(RAF2021-22参加アーティスト)

料金:
無料(リボーンアート・パスポート必須。お持ちでない方は500円)

予約方法:
google フォームにて申し込み


関連企画:
会場のお隣、アル・ケッチァーノ石巻では、9月10日〜17日にReborn-Art Festivalの作品に関連する食材を使った品がコースに登場します。株式会社マルキンで養殖されたブランド銀鮭「銀王」を用いた魅力的なメニューを予定しています。
https://www.asatte-ishinomaki.com/alchecciano


協力:
フィッシャーマン・ジャパン、アル・ケッチァーノ石巻、株式会社 本家秋田屋

 

岩根愛《Coho Come Home》より

 

 

【 トーク出演者 】

 

鈴木真悟
株式会社マルキン常務取締役 / 一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン理事

宮城県女川町にて親子三代で、銀鮭・牡蠣・ホタテといった地元海産物を扱う水産加工会社を営む。株式会社マルキンは、昭和52年に銀鮭の養殖を手がけ、初めて事業化に成功した業界のパイオニア。40年以上にわたり養殖生産から加工販売までを自社一貫して行い、トレーサビリティが確立された自社ブランド銀鮭「銀王」は量販店から外食チェーンまで幅広く扱われている。国内外に対して今以上に宮城県産の養殖銀鮭を発信するため2017年10月に宮城女川銀鮭AIP(養殖漁業改善プロジェクト)を立ち上げ、2020年6月ASC認証取得。また、宮城県内の若手漁業者が中心となって一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンを結成し、漁業・水産業のイメージ改革や人材育成も行っている。水産業界の重要課題である後継者・担い手不足の改善を目指し、他業種との連携による業界イメージの刷新や、生産者と消費者との交流イベントを通じての魅力発信に加え、地元中高生への授業や現場研修の受入れにも力を入れ、次世代の漁業者育成に取り組んでいる。

 

福永真弓
東京大学大学院新領域創成科学研究科・准教授・環境社会学 / 環境倫理

太平洋沿岸のサケをめぐる人の営みを追いかけながら、わたしたちはどのような存在として他の生きものと共に生き,どのような世界を共に生み出していこうとしているのか、現場の「厚い記述」と共に模索している。最近は食の社会実験的日常について、動物を消費する、という観点から研究を進めているほか、魚文学と魚の駅弁掛紙の収集もはじめた。著書に『サケをつくる人びと:水産増殖と資源再生』(東京大学出版会、2019年)、『未来の環境倫理学』(吉永明弘と共編著、勁草書房、2018年)など。

 

岩根愛
1975年東京都生まれ。1991年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学し、オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、1996年より写真家として活動を始める。ハワイ移民を通じた福島とハワイの関わりをテーマに、2018 年『KIPUKA』(青幻舎)を上梓、第44回木村伊兵衛写真賞、第44回伊奈信男賞受賞。離れた土地の見えないつがなりを発見するフィールドワーク的活動を続ける。最新作品集に『A NEW RIVER』(bookshop M)。

トップへもどる
このトピックをシェアする
facebook
twitter
line

最新のトピック

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
— 利他と流動性 —

【 会期 】

ー 夏 ー
2021年8月11日(水)~ 9月26日(日)
※ 休祭日 : 8月18日(水)、
9月1日(水)、 9月15日(水)


ー 春 ー
2022年4月23日(土)~ 6月5日(日)


【 会場 】

ー 夏 ー
宮城県 石巻市街地、
牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川)、
女川駅周辺

ー 春 ー
石巻地域


【 鑑賞時間 】

ー 石巻市街地エリア ー
10:00 ~ 17:00
(16:30最終受付)

ー その他のエリア ー
平日 10:00 ~ 16:00(15:30最終受付)、
土日祝・8月13日〜16日
10:00 ~ 17:00(16:30最終受付)

※施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和3年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

【 後援 】

TBC東北放送、OX仙台放送、ミヤギテレビ、
KHB東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】

Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

FSX株式会社
石巻専修大学

このウェブサイトの情報は
2021年6月22日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
Reborn-Art Festival は牡鹿半島の広大なエリアを会場とした屋外展示が中心の芸術祭であり、もともと密になりにくいニューノーマルのイベントとしてふさわしい可能性を持っていると考えます。

検温はもちろん、人との接触をできる限り減らした運用を心がけ、ディスタンスの確保、換気・消毒の徹底、来場者情報の記録などの対策をとり、安心して楽しめるフェスティバルを開催します。
誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
  • 入場時の検温
  • 鑑賞エリア・動線の
    ディスタンス
  • 消毒・手洗いエリアの
    各所設置
  • パーテーションの
    設置
  • 各エリアでの
    来場記録
  • 換気の徹底
  • 各エリアの
    定期消毒
  • 黙食の推奨
  • マスク着用
  • 混雑時の入場制限
  • 現金授受における
    トレー使用
  • 飲食席の
    ディスタンス
会期中何度でも作品を鑑賞できる Reborn-Art PASSPORT バスで効率的に作品鑑賞 Reborn-Art TOUR