青葉市子『鮎川のしづく』CD-R、詩人の家BARほか各所で販売中

 

鮎川エリア参加アーティスト青葉市子のCD-R『鮎川のしづく』を旧観慶丸商店インフォメーション鮎川インフォメーション詩人の家 BAR(作品鑑賞時間終了後〜20:00)とオンラインショップ(予約販売)で販売しています。

 

『鮎川のしづく』

01  鹿
02  雨上がりの水流1
03  雨上がりの水流2
04  詩人の家宿泊棟にて、心音
05  合奏:吉増剛造「海の恒星」+青葉市子「あわの声」のり浜にて
06  鷗
07  鴬
08  鴬と雉子
09  丘の風
10  船の寝床
11  ジンジャーエール
12  麦茶の水筒
13  のり浜の洞窟のピアニカ1
14  のり浜の洞窟のピアニカ2
15  泥絵の筆とギター
16  合奏:青葉市子「星のプレゼント」+吉増剛造「初湯」のり浜の洞窟にて
17  のり浜「あわの声」
18  ピアノ、sonihouseにて
19  遠くの島の唄
20  循環
21  鳥と風
22  時報、午前7時
23  時報、正午
24  時報、午後5時

 

【うた・演奏】
青葉市子
M5とM16 吉増剛造、青葉市子
M15  淺井裕介、青葉市子

【フィールドレコーディング】
東岳志

【時報録音】 
石塚周太 

【録音場所】 
2019年夏 石巻 – 鮎川、のり浜、十八成浜、小積
      東京 – echo and cloud studio
      奈良 – sonihouse

【ミックス・マスタリング】
石塚周太

【写真】
島袋道浩、青葉市子

【デザイン】
渡邊真有(株式会社クルック)

【スペシャルサンクス】
鮎川の皆さま、鶴林万平、長谷川アンナ、松田朕佳、ミントちゃん

【制作協力】
島袋道浩 リボーンアート・フェスティバル事務局 PIANO INC.

© Reborn-Art Festival

金額:2,000円(税込)

 

収録曲「22 時報、午前7時」「23 時報、正午」「24 時報、午後5時」について

青葉市子の作品《時報》は午前7時・正午・午後5時に石巻市内全域の防災スピーカーから鳴る、それぞれの楽曲を声のハーモニーで編曲した作品でした(《時報》について)。この作品は、会期が始まって11日目で、展示見直しとなりました(展示見直しについて)。より良い表現を青葉市子、キュレーターの島袋道浩、Reborn-Art Festival事務局で検討した結果、『鮎川のしづく』に収録することになりました。

<青葉市子より>
時報がもとの音に戻ってから1ヶ月が経ちました。
鮎川の音たちに包まれるようにして、
時報の3曲は『鮎川のしづく』に収録される事になりました。
防災スピーカーから流れていたモノラル音質から、
CD-R収録用にステレオミックスを行いました。

鹿の声や雨の水流、船が波にたゆたう音、鳥の気配、鯨の交信。
この土地で鳴っている音たちには、やわらかくて心地よい揺らぎがありました。
同じ星で循環する音の群れに、このたびの時報も、人びとの声も、
包まれているように感じます。

色々な想いを持って時報について言葉を下さった皆さま、
ありがとうございます。
これからも様々な生きものの営みが、
豊かな表現となってゆきますように。


関連キーワード

最新トピック

  • 網地島エリア「島の夜を体験する」追加イベント開催

    網地島エリア をキュレーションしたワタリウム美術館(和多利恵津子・和多利浩一)が、9月28日(土)〜29日(日)に「島の夜を体験する 網地島鑑賞ツアー」を再度開催。参加者を募集しています。
    詳細を見る

    2019.09.26

  • 網地島エリアのフィリップ・パレノ《類推の山》夜間公開

    網地島エリア の フィリップ・パレノ の作品《類推の山》が、9月26日(木)・ 27日(金)の二日間限定で夜間公開されます。未完のカルト小説「類推の山」を光と音に翻訳したインスタレーションである本作。ぜひこの機会にご鑑賞ください。
    詳細を見る

    2019.09.26