桃浦の盆舟おくりに小林武史が音楽で参加します

 

いよいよ今週末8月18日(日)にせまった桃浦の盆舟おくり。今年もリボーンアート・フェスティバル実行委員長・小林武史の参加が決まりました。

リビングスペースをエリアテーマに、自身がキュレーションを手がけた桃浦での伝統行事の復活を小林武史が音楽で彩ります。

予約や参加費などは不要です。ご自由にご参集ください。
時間、場所は下記をご参照ください。

 

 

桃浦では去年の夏、絶えて久しい送り盆の伝統行事「盆舟おくり」が復活しました。リボーンアート・フェスティバルは、震災後の浜の復興を担う浜づくり実行委員会を支援、その行事を共催しました。今年は8月18日に盆舟おくりが行われます。

盆舟とは、50年以上前までは牡鹿半島の各浜で行われていた送り盆の伝統行事です。麦わらで小型の舟を作り、各戸のご仏前からのお供え物を舟に乗せ、先祖供養の意味を込め海に流し送ります。

 

 

今年は作った舟を流すだけではなく、昨年作られ1年間保管していた舟を、供養、感謝の意を込めて燃やすことも復活させます。1年間浜を見守ってきた舟と、新たに作られた舟が、その役割を引き継いでいくようなイメージでもあります。リボーンアート・フェスティバル2019は今年も浜づくり実行委員会と共催し、この行事を行います。

日没近くの牡鹿半島の浜で、海を背景に燃やされその役目を次に渡す舟。新たにその役目を担っていく舟。自然、人間、ご先祖さまなど、まさにいのちのつながりやてざわりを感じる時間を過ごせるでしょう。

 

日時:8月18日(日)17:00開始 19:00終了
場所:石巻市桃浦漁港にて

*事前受付、参加費などはございません。
*お車でお越しの方は、リボーンアート・フェスティバル2019、桃浦エリア駐車場をお使いください。

関連キーワード

最新トピック

  • 網地島エリア「島の夜を体験する」追加イベント開催

    網地島エリア をキュレーションしたワタリウム美術館(和多利恵津子・和多利浩一)が、9月28日(土)〜29日(日)に「島の夜を体験する 網地島鑑賞ツアー」を再度開催。参加者を募集しています。
    詳細を見る

    2019.09.26

  • 網地島エリアのフィリップ・パレノ《類推の山》夜間公開

    網地島エリア の フィリップ・パレノ の作品《類推の山》が、9月26日(木)・ 27日(金)の二日間限定で夜間公開されます。未完のカルト小説「類推の山」を光と音に翻訳したインスタレーションである本作。ぜひこの機会にご鑑賞ください。
    詳細を見る

    2019.09.26