ダミアン・ジャレと中野公揮によるワークショップを実施

左:ダミアン・ジャレ Photo: Koen Broos 右:中野公揮

 

9月26日(木)〜29日(日) 、世界的に活躍する振付家/ダンサーのダミアン・ジャレと数名のダンサーたち、そしてピアニスト/作曲家の中野公揮が 荻浜エリア のキュレーター名和晃平の招きに応じてダンス・ワークショップを行います。

名和晃平の作品をはじめ、「プライマルエナジー」が体現された静かな白いビーチや三つの洞窟の作品、太陽を観測する装置など、様々な要素が彼らを触発し、ダンスや音楽、そして芸術のあり方が模索されます。

おもに荻浜エリアで実施されるこのワークショップは、自由に見学することが可能です。ワークショップを実施している風景に巡り合った方は、「プライマルエナジー」をテーマとしたクリエーションをより深く感じられるかもしれません。

 

日時 : 9月26日(木)午後 〜 9月29日(日) 午前
場所 : 荻浜エリア周辺

※ワークショップの実施時間は不定期です。ワークショップはその日・その場で即興的に進行していくので、内容やスケジュールは告知致しません。
※ワークショップを実施している様子は撮影不可です。パフォーマンス中の記録撮影の妨げになる所には近づかないでください。

<ワークショップ・メンバー>

振付 : ダミアン・ジャレ
キュレーター : 名和晃平
特別参加 : 中野公揮(ピアノ)
ダンサー : エミリオス・アラポグル、森井淳、皆川まゆむ、三東瑠璃、村上渉、バンジャマン・ベルトラン

協力 : SANDWICH Inc.、京都造形芸術大学 ULTRA SANDWICH PROJECT #15

 

<参加アーティストプロフィール>

 

ダミアン・ジャレ 振付家ダンサー

ダンスをはじめ、彫刻家のアントニー・ゴームリーやミュージシャン、振付師、映画監督、デザイナーらと作品の合同制作をするほか、オペラや音楽ビデオの振付を手がけ、その活動は多岐にわたる。2013年パリ国立オペラにおいて、シディ・ラルビ・シェルカウイとマリーナ・アブラモヴィックと共同創作した『Boléro』を初演、芸術文化勲章シュヴァリエ章を受章し好評を得た。近作として、ジム・ホッジズらとコラボレーションした『THR(O)UGH』(2015年)、『BABEL 7.16』(2016年、「アヴィニョン演劇祭 2016」)などがある。2017年には、イギリスのナショナル・ユース・ダンス・カンパニーのアーティスティックディレクターに任命されている。

 

中野公揮 ピアニスト作曲家

1988年福岡生まれ。桐朋女子高等学校音楽科(共学)ピアノ専攻を卒業。東京芸術大学作曲科入学後、パリに拠点を移す。フランス/バルビゾン市主催“Festival international de Barbizon”のオープニング曲作曲。ブダペスト/ステファニアパロタ城、パリ/ルーブル美術館、フランス文化・通信省、パリ/シャトレ座、パリ/Théâtre des Bouffes du Nord、ロンドン/Cadogan Hallなどで演奏。2016年9月にファーストアルバム『Lift』を発表。

最新トピック

  • 石巻専修大学・石巻高校との協働プロジェクト報告書冊子

    リボーンアート・フェスティバルは、地域の教育機関など多様な主体と協働をしております。このたび石巻専修大学庄子ゼミと石巻高校新聞部の皆さんと行ったプロジェクトについて 報告書冊子 ができました。地元学生の皆さんの目線からとらえたリボーンアートが表現されておりますのでぜひご覧ください。
    報告書冊子 PDF

    2020.03.07

  • 映像作品「まほう」が文化庁メディア芸術祭で「U-18賞」を受賞!

    石巻のこどもたちと森本千絵さん+goen°で制作した映像作品「まほう」が文化庁メディア芸術祭・エンターテインメント部 門の「U-18賞」を受賞しました。
    詳細を見る

    2020.03.06