目黒浩敬が醸造、伊藤存がデザイン。RAF2019オリジナルワイン

RAF2017のフードディレクターを務めた目黒浩敬さんのワイナリー「Fattoria AL FIORE」でオリジナルワイン「Cuvee Reborn-Art Festival」をつくりました。ラベルデザインは網地島エリアの参加アーティスト・伊藤存さんによるもの。「Reborn-Art DINING」でグラスにて提供しています。

※「いしのまき元気いちば」「四釜商店」では売り切れました。再入荷の予定はございません。

 

― 醸造を担当した目黒浩敬さんより ―

葡萄はデラウエアを使用。生食用の葡萄ですが、ワイン用葡萄栽培・仕立てに切り替えて栽培から仕込みを行いました。丁寧に1房ずつ手で選別をし、房のままステンレスタンクで3週間ゆっくりと発酵させ、手絞りで優しくしぼり、その後、2011年生まれの樽で5ヶ月間熟成。重力を利用しながら、静かにオリ引きとボトリングをしました。パッションフルーツのような華やかなフレーバーやオークの樽から覗く蜂蜜のような香り、程良い酸がゆっくりとあとを引いては消えていきます。

― 伊藤存さんより ―

ワインはかわった味がして、何回も味わっていると、これは野生だなという気がしてきました。野生っぽいので四角い規格のラベルは似合わないと思いました。例えば、浜に行けば転がっているような石ころが、瓶の側面にも転がれば、それは似合っていると思えてきて、牡鹿半島の石と刺繍の石を転がしました。あと二つの石の転がせかたは、まかせます。               

 

Cuvee Reborn-Art Festival  

Type _ 白ワイン             
Vintage _ 2018
Winemaker _ 目黒 浩敬 ・礼奈       
Area _ 山形県南陽市
Grapes _ デラウエア                 
Yeast _ 野生酵母          
Alcohol _ 11%                      
Product _ 295本
Price _ オープン価格
亜硫酸塩やその他の添加物は無添加・ノンフィルター

関連キーワード

最新トピック

  • 石巻専修大学・石巻高校との協働プロジェクト報告書冊子

    リボーンアート・フェスティバルは、地域の教育機関など多様な主体と協働をしております。このたび石巻専修大学庄子ゼミと石巻高校新聞部の皆さんと行ったプロジェクトについて 報告書冊子 ができました。地元学生の皆さんの目線からとらえたリボーンアートが表現されておりますのでぜひご覧ください。
    報告書冊子 PDF

    2020.03.07

  • 映像作品「まほう」が文化庁メディア芸術祭で「U-18賞」を受賞!

    石巻のこどもたちと森本千絵さん+goen°で制作した映像作品「まほう」が文化庁メディア芸術祭・エンターテインメント部 門の「U-18賞」を受賞しました。
    詳細を見る

    2020.03.06