ピックアップ

  • 目黒浩敬が醸造、伊藤存がデザイン。RAF2019オリジナルワイン

    RAF2017のフードディレクターを務めた目黒浩敬さんのワイナリー「Fattoria AL FIORE」でオリジナルワイン「Cuvee Reborn-Art Festival」をつくりました。ラベルデザインは網地島エリアの参加アーティスト・伊藤存さんによるもの。
    詳細を見る

    2019.09.22

  • アーティストや名産品とコラボ!RAF2019オフィシャルグッズ

    リボーンアート・フェスティバル2019では、参加アーティストとコラボしたグッズや地元の名物とコラボした食品などをオフィシャルグッズとして販売しています。オンラインショップもオープン。ぜひチェックしてください。
    詳細を見る

    2019.09.21

  • 青葉市子『鮎川のしづく』CD-R、詩人の家BARほか各所で販売中

    鮎川エリア参加アーティスト青葉市子のCD-R『鮎川のしづく』を旧観慶丸商店インフォメーション、鮎川インフォメーション、詩人の家 BAR(作品鑑賞時間終了後〜20:00)とオンラインショップ(予約販売)で販売しています。
    詳細を見る

    2019.09.17

  • 鹿を活かすRAFオフィシャル鹿肉解体処理施設「FERMENTO」

    FERMENTO(フェルメント)は、RAFのオフィシャル施設として2017年に牡鹿半島の小積エリアにできた鹿肉解体処理施設。鹿猟師の小野寺望(Antler Crafts主宰)が運営し、人々が集まって感性を磨く場所となっています。
    詳細を見る

    2019.09.07

  • パルコキノシタ、富松篤が関わる新たなアートの拠点がオープン

    リボーンアート・フェスティバル2019参加アーティストのパルコキノシタ、富松篤が関わり、石巻に「コトのアート研究所」がオープンしました。ゲストハウスやギャラリーの機能を持つ、持続可能な復興支援ができる新たな拠点です。
    詳細を見る

    2019.09.07

  • 山形藝術界隈・大槌秀樹が4週にわたり早朝撮影&追加展示

    市街地エリアで作品《神々の撮影》を展開している山形藝術界隈の大槌秀樹が、9月7日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土)の早朝に石巻で映像撮影を行い、その映像をその日のうちに市街地の旧柏屋に追加展示します。
    詳細を見る

    2019.09.06

  • パルコキノシタ、ちばふみ枝も参加「アートなこけし展 ’19」

    石巻に縁のあるアーティスト・クリエイター26名による個性豊かなこけしを集めた展覧会「アートなこけし展 ’19」が9月13日(金)〜29日(日)、石巻市かわまち交流センターで開催。RAF参加作家パルコキノシタ、ちばふみ枝も参加。
    詳細を見る

    2019.08.30

  • F9《room キンカザン》の平日の鑑賞時間が午後のみとなりました

    高齢である吉増剛造氏の体調を考慮し、8月26日(月)より、作品番号F9《room キンカザン》の鑑賞時間を平日は午後のみに限定させていただくことになりました。ご理解とご協力をお願い致します。
    詳細を見る

    2019.08.27

  • お得なチケットのご案内

    石ノ森萬画館にて開催中の「弱虫ペダル展」チケットと、「リボーンアート・パスポート」をセットで買うと合わせて大人通常料金3800円のところ、3200円でご購入いただけます。石ノ森萬画館1階受付にて販売中です。
    石ノ森萬画館

    2019.08.26

  • Reborn-Art DININGのグランドメニュー

    荻浜エリアに鹿の彫刻《White Deer (Oshika)》とともに佇むレストランReborn-Art DINING。ゲストシェフが来ない通常時も、ローカルシェフが地域の旬をダイレクトに表現したグランドメニューを提供しています。
    詳細を見る

    2019.08.24

  • RAF2019 のアート作品を巡る7つのモデルコース

    石巻市街地および牡鹿半島、また今回はじめて展示エリアとなる網地島を効率よく巡っていただくために、それぞれ複数のコースを紹介。巡り方は自由ですが、例として参照し、リボーンアート・フェスティバル 2019 をお楽しみください。
    詳細を見る

    2019.08.23

  • 未来を担うこどもたちのために。「こどもパスポート」を配布

    多くのこどもたちにリボーンアート・フェスティバルに親しんでもらうために、「こどもパスポート」を配布しています。作品の傍らに用意されたユニークなスタンプを押して楽しめるほか、スタンプを集めると景品がもらえます。
    詳細を見る

    2019.08.22

  • 「転がる、詩」ライブレポート(4)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポート(4)をお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.20

  • 「転がる、詩」ライブレポート(3)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポート(3)をお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.19

  • 「転がる、詩」ライブレポート(2)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポート(2)をお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.18

  • 「転がる、詩」ライブレポート(1)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポートをお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.17

  • 山形藝術界隈関連のポップアップショップが毎週土日にオープン!

    会期中の毎週土日、山形藝術界隈が展示する市街地エリアの旧柏屋に、根本裕子「SANZOKU SHOP!」、工藤玲那「生活余剰品ショップ」、山形藝術界隈「界隈ショップ」など4つのポップアップショップが同時オープンします。
    詳細を見る

    2019.08.16

  • オフィシャルツアー「網地島コース」特別キュレーターツアー追加

    バスに乗って移動し、ガイドの話を聞きながら主な作品を鑑賞できる便利なオフィシャルツアー「リボーンアート・ツアー」。すでに好評販売中の牡鹿半島コースに加え、網地島コースも発売となりました。
    詳細を見る

    2019.08.15

  • 【ワタリウム美術館版】 2つの特別ツアーを開催

    網地島エリアをキュレーションしたワタリウム美術館(和多利恵津子・和多利浩一)が、8月31日(土)〜 9月1日(日)に「牡鹿半島+網地島 ぐるっと全部ツアー」、9月22日(日)〜23日(月祝)に「島の夜を体験する 網地島鑑賞ツアー」を企画。参加者を募集しています。
    詳細を見る

    2019.08.14

  • 作品 F10《時報》(青葉市子作品/キュレーター島袋道浩)の展示見直しについて

    作品 F10《時報》は、石巻市内に定期的にながれる時報を、いままでと同じ楽曲を用いながら、音楽家である作家自身の声を使って録音制作した作品でした。 実行委員会としてもより豊かな音の響きが街の風景に新た …

    詳細を見る

    2019.08.13

  • 桃浦の盆舟おくりに小林武史が音楽で参加します

    いよいよ今週末8月18日(日)にせまった桃浦の盆舟おくり。今年もリボーンアート・フェスティバル実行委員長・小林武史の参加が決まりました。リビングスペースをエリアテーマに、自身がキュレーションを手がけた桃浦での伝統行事の復活を小林武史が音楽で彩ります。予約や参加費などは不要です。ご自由にご参集ください。
    詳細を見る

    2019.08.12

  • マリリア+吉増剛造 詩と歌のパフォーマンス

    リボーンアート・フェスティバルの参加作家で、会期中鮎川に滞在している吉増剛造は日本を代表する詩人です。長年のパートナーのマリリアも声のパフォーマーとして荒木経惟や大野一雄らと共演してきました。今回、鮎川、詩人の家ではこの二人の詩と歌のパフォーマンスを開催します。
    詳細を見る

    2019.08.11

  • 【重要】鮎川エリア「鮎川集会所」最寄りのバス停が変わりました

    鮎川エリアの工事の関係で、「鮎川集会所」最寄りの路線バス(ミヤコーバス)のバス停が「鮎川大町」から「鮎川港」に変わりました。位置はガイドブックに表示しているところと変わりありません。路線バスをご利用の方はご注意ください。
    詳細を見る

    2019.08.10

  • オペラ『四次元の賢治 -完結編-』宮城公演、8.16に券売開始

    7月に釜石で上演され、空前の感動を呼んだオペラ『四次元の賢治 -完結編-』の宮城公演が9月22日(日)・23日(月祝)に塩竈市杉村惇美術館で行われます。原案・宮沢賢治、脚本・中沢新一、音楽・小林武史による異色の舞台作品には満島真之介、Salyu、コムアイらが出演。8月16日(金)18:00より先行発売。
  • ワタリウム美術館でRAF2019関連アーティスト・トークを開催

    網地島エリアのキュレーションを担当する和多利恵津子・和多利浩一がワタリウム美術館(東京・表参道)でリボーン・アートフェスティバル2019参加作家たちとともにトークショーを開催します。
    詳細を見る

    2019.08.08

  • J-WAVE『HEART TO HEART』に中沢新一さんが出演

    「リボーンアート」の名付け親にして、今回石巻駅前エリアのキュレーターもつとめる人類学者・思想家の中沢新一さんが、震災復興支援ラジオ番組『Hitachi Systems HEART TO HEART』(ナビゲーター:藤巻亮太さん)にゲストとして登場します。
    詳細を見る

    2019.08.08

  • 牡⿅ビレッジで「⾷」を楽しもう♪

    荻浜エリアにある「牡⿅ビレッジ」にはリボーンアート・フェスティバルの「⾷」の⼆⼤拠点、レストラン「Reborn-Art DINING」と⾷堂「はまさいさい」があり、どちらもキンキンに冷えたビールを提供しています。
    詳細を見る

    2019.08.06

  • 「インフォメーション」設置場所のご案内

    リボーンアート・フェスティバルの各エリアに設置されたインフォメーション(案内所)では、無料ガイドブックの配布、リボーンアート・パスポートの販売および引き換え、エリア入場管理スタンプの押印、道案内、グッズの販売(一部インフォメーションのみ)などを行います。
    詳細を見る

    2019.08.02

  • 坂本大三郎+大久保裕子のパフォーマンス公演 チケット販売中

    小積エリアの参加アーティスト・坂本大三郎+大久保裕子が、ダンスにアオイヤマダ、ラップに鎮座DOPENESS をむかえ、9月15日(日)・16日(月祝)いずれも18:00から石巻市街地で、新作パフォーマンス作品の公演を行います。
    詳細を見る

    2019.08.01

  • 「夜側のできごと」オンラインチケット販売開始

    桃浦エリアで小林武史プロデュース、中﨑透ディレクションによる「夜側のできごと」を開催。旧荻浜小学校の校内や海岸を含めたその近隣などを一晩かけて巡るゆるやかなツアー型の上映のような公演のような展覧会のようなナイトプログラム。
    詳細を見る

    2019.08.01

  • ガイドブックPDF版を公開

    リボーンアート・フェスティバルを巡る情報がコンパクトにまとまったオフィシャルガイドブック(無料)を会期中、開催エリアを中心とした各地で配布します。PDF版は以下からダウンロードもできます。
  • 宮城県・近県のパスポート引換券取扱店

    8月3日の会期スタートが目前に迫ってきたリボーンアート・フェスティバル2019。「リボーンアート・パスポート」はもう入手されましたか?アート作品の鑑賞にはこの作品鑑賞パスポートが必要です。8月2日までは500円お得な前売券を販売中。実店舗では下記の各店で購入できます。
    詳細を見る

    2019.07.25

  • 『四次元の賢治』の「声」の出演、追加発表

    「四次元の賢治」に「声」の出演として、2017年に続き細野晴臣と、ナレーションとして安藤裕子の参加が発表となりました。先日発表された太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子に加え、5名のアーティストによる「声」の出演となります。
    詳細を見る

    2019.07.12

  • Reborn-Art DINING ゲストシェフの参加日が決定

    荻浜エリアに鹿の彫刻《White Deer(Oshika)》とともに佇むレストランReborn-Art DINING。そのゲストシェフの参加日が決定しました!日本全国から精鋭の料理人たちがやってきて、それぞれの持ち味を活かし、地域の旬をダイレクトに表現した料理を提供します。
    詳細を見る

    2019.07.05

  • 自転車で巡るサイクリングツアー

    石巻・女川・牡鹿半島の浜を地元のガイドと一緒にサイクリングで巡る「そらうみサイクリング」とコラボ。毎週土日に20kmのショートサイクリングを行うほか、8月17日(土)には70kmのロングライドイベントを開催します。
    詳細を見る

    2019.06.05

  • おトクな JR パッケージツアー

    往復の JR 乗車券(東京~仙台または石巻)+ 宿泊 + リボーンアート・パスポートがセットになった、おトクで便利なパッケージツアーが首都圏のびゅうプラザおよびインターネットで6月7日14時(金)に発売されます。
    ツアー詳細

    2019.06.04

  • オペラ『四次元の賢治』券売開始

    原作・宮沢賢治、脚本・中沢新一、音楽・小林武史の『四次元の賢治 -完結編-』を上演。7月に釜石、9月に塩竈で、満島真之介、Salyu、コムアイらが出演。
  • “ももビレ”で宿泊&体験

    宿泊体験施設・もものうらビレッジでは、人が本来持つ力や暮らしの知恵を学び実践するプログラムを用意。ドットアーキテクツらによる建築にも注目。

トピック一覧

  • 網地島エリア「島の夜を体験する」追加イベント開催

    網地島エリア をキュレーションしたワタリウム美術館(和多利恵津子・和多利浩一)が、9月28日(土)〜29日(日)に「島の夜を体験する 網地島鑑賞ツアー」を再度開催。参加者を募集しています。
    詳細を見る

    2019.09.26

  • 網地島エリアのフィリップ・パレノ《類推の山》夜間公開

    網地島エリア の フィリップ・パレノ の作品《類推の山》が、9月26日(木)・ 27日(金)の二日間限定で夜間公開されます。未完のカルト小説「類推の山」を光と音に翻訳したインスタレーションである本作。ぜひこの機会にご鑑賞ください。
    詳細を見る

    2019.09.26

  • 青葉市子 × 小林武史 CLOSING SPECIAL LIVE

    リボーンアート・フェスティバル 2019 クロージング前日の 28日(土)16:00〜16:30、青葉市子 と 小林武史 によるスペシャルライブを行います。リボーンアート・ツアーに参加される方もシャトルバスを利用されるの方もご覧いただける予定です。
    詳細を見る

    2019.09.26

  • ダミアン・ジャレと中野公揮によるワークショップを実施

    9月26日(木)〜29日(日) 、世界的に活躍する振付家/ダンサーのダミアン・ジャレと数名のダンサーたち、そしてピアニスト/作曲家の中野公揮が 荻浜エリア のキュレーター名和晃平の招きに応じてダンス・ワークショップを行います。
    詳細を見る

    2019.09.26

  • 詩人の家 BARの最終日・9月29日(日)の営業時間変更のお知らせ

    RAF2019最終日の9月29日(日)、鮎川エリアの詩人の家 BARは展示の終わる1時間前、16:00よりオープンし、18:00に営業を終了します。常連の方々、これまでなかなかチャンスのなかった方々、最後なのでぜひお越しください。
    詳細を見る

    2019.09.25

  • 《まほう》《魔法のかけかた》、2つの映像作品を公開中!

    Reborn-Art Festival × Tカード「石巻の子どもたちとアートを作ろう」プロジェクト で制作した《まほう》とその制作過程を追った《魔法のかけかた》、2つの映像作品を市街地エリアの旧観慶丸商店インフォメーションで公開しています。
    詳細を見る

    2019.09.24

  • 9月23日14時から桃浦でお振る舞い&四家卯大のライブを開催

    9月23日(日)に桃浦エリアで行われる「謝肉祭〜自然の贈与〜」でリボーンアート・ファームで育った豚のお肉を使ったスープを50食限定で提供。またその際、四家卯大によるチェロの演奏が行われます。演奏は無料で鑑賞できます。お時間ある方はぜひお越しください。
    詳細を見る

    2019.09.22

  • 小林武史「BGM for the ART」9月24日(火)は網地島で

    2017年より続く小林武史の「BGM for the ART」シリーズ。2019年も開催が決定しました。リボーンアート・フェスティバルに設置されたアート作品と牡鹿半島の自然にインスピレーションを受けながら、小林武史がその空間を音楽で満たしていきます。
    詳細を見る

    2019.09.21

  • 山形藝術界隈メンバーも出展「藝術界隈市場」

    リボーンアート・フェスティバル2019最終週の9月23日(月)・28日(土)、石巻市街地の「IRORI」にて、山形藝術界隈メンバーと石巻・東北のアーティストや作り手が集まるマーケットをひらきます。
    詳細を見る

    2019.09.20

  • 「リボーンまつり」で踊ろう!「リボーン音頭」の振付動画を公開

    9月29日(日)に行われることが発表された「リボーンまつり」。このお祭りのために作られた「リボーン音頭」の振付動画を公開しました!
    詳細を見る

    2019.09.20

  • 「リボーンまつり」今年も最終日に開催決定!

    2017年から毎年行っている「リボーンまつり」を最終日9月29日(日)に開催します。昼間は「リボーンアート・石巻フェスティバル」。夜の盆踊りにはコンドルズ・近藤良平も登場。山本彩 with 小林武史のスペシャルライブも行います。
    詳細を見る

    2019.09.17

  • 石巻フードアドベンチャーのチケット好評販売中!【終了】

    フードディレクターのジェローム・ワーグと原川慎⼀郎が「Before We Cook – the nature of food」をコンセプトに展開する「石巻フードアドベンチャー」は、石巻・牡鹿半島の食材や自然を巡り、食し、自らの体を通して発見や学びを得る、食の冒険です。趣向を凝らしたイベントに、ぜひご参加ください。
    詳細を見る

    2019.09.17

  • 伊藤存+青木陵子による網地島の船の上の店“メタモルフォーセス”

    網地島エリアの伊藤存と青木陵子の展示は二箇所で展開されています。そして秘密の「畑」と「店」は、《海に浮かぶ畑がつくり始めると、船の上の店は伝言しだす》というタイトルで繋がっています。
    詳細を見る

    2019.09.14

  • エコにクールダウン。「キュウリチョイス」トークショーを開催

    キュウリを食べてエコにクールダウンしようという「キュウリチョイス」のトークショー。「キュウリチョイス」の発案者のクリエイティブディレクター 大木秀晃さんを招き、プロジェクト発足の裏話を伺います。
    詳細を見る

    2019.09.13

  • 「THE WALL TV」、「BGM for the ART」が桃浦エリアで開催!

    9月14日(土)18:00より、桃浦エリアにて小林武史による音楽と映像のイベントが連続して開催されます 。
    詳細を見る

    2019.09.12

  • 吉増剛造「Mademoiselle Kinkaへ」プレミア上映会

    鮎川エリアのホテルニューさか井《room キンカザン》での吉増剛造の詩作の自身による記録映像「Mademoiselle Kinkaへ」。まさに詩が生まれる瞬間を捉えた映像作品を吉増剛造本人と9月23日(月祝)18:00〜鑑賞、体験。
    詳細はこちら

    2019.09.08

  • 「転がる、詩」「四次元の賢治-完結編-」WOWOWの放映日が決定

    RAF 2019 のオープニングを飾ったライブ「転がる、詩」、そして釜石での初演が好評を博し、次に9月22日(日)・23日(月祝)の塩竈公演を控えるオペラ「四次元の賢治-完結編-」のWOWOWでの放映日が決定しました。
    詳細を見る

    2019.09.04

  • 増田セバスチャン「ぽっかりあいた穴の秘密:秘密のはなし」開催

    桃浦エリアの旧荻浜小学校に展示されている増田セバスチャンの作品《ぽっかりあいた穴の秘密》内にて、9月6日(金)にナイトイベントを開催します。暗い夜の闇にキラキラと光る穴の中で、絵本の朗読を聞き、アーティストと色々なお話しをしましょう。
    詳細を見る

    2019.09.03

  • 映画監督・岩井俊二と小林武史が石巻で語る Reborn-Art TALK

    9月8日(日)17:00〜、IRORI 石巻で、宮城県出身の映画監督・岩井俊二と小林武史のトークイベントを行います。来年公開の岩井監督の最新作「ラストレター」で久しぶりにタッグを組んだ二人によるフリートークをお楽しみください。
    詳細を見る

    2019.09.03

  • 小積エリア アーティストトーク「鹿に導かれ、私たちを見るとき」

    小積エリアの参加アーティスト・在本彌生、小野寺望、坂本大三郎、大久保裕子、志賀理江子、津田直とキュレーター・豊嶋秀樹による座談形式のトークイベントを9月16日(月祝)14:00~15:30にIRORI石巻で行います。
    詳細を見る

    2019.08.23

  • 石巻の羊の毛でものづくりワークショップ

    石巻にも羊がいます。この羊たちの毛をつかったワークショップを行います。8月14日と8月15日の二日間で、当日予約も可能です。 お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください!
    詳細を見る

    2019.08.14

  • JR石巻線が全線開通80周年でラッピングトレイン運行中

    今年10月7日に石巻線全線開通80周年を迎えるJR東日本では、リボーンアート・フェスティバル2019の会期スタートに合わせて、8月3日から石巻線でラッピングトレインを運行しています。
    詳細を見る

    2019.08.11

  • 詩人の制作場所が夜な夜なバーに!?「詩人の家 BAR」営業中

    詩人の吉増剛造がリボーンアート・フェスティバルの会期中ほぼ毎日、執筆や制作、観客との交流を行う「詩人の家」は鮎川エリアの中心地。その「詩人の家」は作品鑑賞時間終了後の数時間、バーとして開かれています。
    詳細を見る

    2019.08.11

  • もものうらビレッジで牡鹿半島の「自然」を楽しもう♪

    桃浦エリアにある「もものうらビレッジ」は、2017年にオープンし、ワークショップや自然体験を行いながら地元の方々と作ってきた宿泊体験施設。今年新設されたバーベキューエリアは宮城県産木材を使用しています。
    詳細を見る

    2019.08.10

  • 吉増剛造の「詩人の家」に泊まる

    リボーンアート・フェスティバル2019で、島袋道浩のキュレーションする鮎川エリアにアーティストとして参加する詩人の吉増剛造は、会期中の約2ヶ月間、鮎川に滞在します。吉増が住居とする鮎川の民家に泊まり、詩人の生活に触れていただけます。
    詳細を見る

    2019.07.01