Reborn-Art Festival

利他と流動性 [ 後期 ] 2022年8月20日 (土) - 10月2日 (日) ※ 会期中に、休祭日を設ける予定です

会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島

新型コロナウィルス感染症対策について

© Reborn-Art Festival 2021-22

FOLLOW US

アラン

Aran

網地島エリア

Photo: KO-TA SHOUJI

1991 鳥取に生まれる 
2014 成安造形大学芸術学部芸術学科卒業
2015 鳥取大学大学院地域学研究科中退後パープルーム予備校2期生になる
2017 ボードゲーム制作チーム「arquetendu」を結成

主な個展
2018 「communicatio – コムニカチオ」TAV GALLERY、東京

主なグループ展
2015 「パープルーム大学物語」ARATANIURANO、東京
2015 「”KITAJIMA/KOHSUKE”#12 〜果ての二十日の81〜」カタ/コンベ、東京
2016 「パープルタウンにおいでよ」パープルーム予備校他、相模原
2016 「X会とパープルーム」もりたか屋、いわき
2017 「パープルームのオプティカルファサード」ギャラリーN、名古屋
2017 「パープルーム予備校生のゲル」エビスアートラボ、名古屋
2017 「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画」ワタリウム美術館、東京
2017 「パープルーム大学 先端から末端のファンタジア」ギャラリー鳥たちのいえ、鳥取

作品番号 :
G12
タイトル :

限られたフィールドとリソース から見えてくるもの

制作年 :
2019年
アランは1991年生まれのアーティスト、ゲームデザイナーで、美術コミューン・パープルームのメンバーです。ボードゲームを制作しながら、ゲームをテーマにした美術作品も制作しています。世界に再現性(ルール)が見出しにくくなったことが人々に停滞の感覚を生んでいると仮定し、ゲームを作ることを通して、この世界の法則を描くことを試みています。「このゲーム盤の上にはこの島のものが駒として置かれているはずです。是非道中で拾った石などを置いたり、動かしたり、持って行ったりしてみてください」(アラン)
展示場所 :
涛波岐埼灯台への道入口付近
GoogleMapで調べる

参考画像

トップへもどる

※ このページは過去のアーティストを紹介するページです。一部を除いて現在作品は見ることができません。

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
[ 後期 ]
— 利他と流動性 —

【 会期 】

2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)
※ 休祭日:8月24日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)


【 会場 】

宮城県 石巻市街地
(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、
牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)


【 鑑賞時間 】

石巻市街地(石巻中心市街地、
復興祈念公園周辺、渡波)
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
平日 10:00〜16:00(15:30最終受付)
土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

※ 施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和4年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

EXELCO DIAMOND

【 後援 】

TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、
khb東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】



Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

日本製紙株式会社石巻工場、西濃運輸株式会社、
石巻専修大学
株式会社宝栄建設、
FSX株式会社、社会福祉法人夢みの里

このウェブサイトでは
できるだけ最新の情報を掲載していますが、
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイト、または SNS をご確認ください。

観光バスで効率的に作品鑑賞ができるリボーンツアー予約受付中