Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

FOOD


フードディレクター

「利他」を知る私たちから
食の喜びと幸せを

私たち3人の料理人は、ここ石巻に住み、地元の豊かな食材を使って料理をこしらえ、お客様に召し上がっていただいているという日々に、感謝と誇りを抱いています。

触れ合うことができる距離で生産された新鮮で多様な食材を、そのまま料理に生かして表現することができるという環境は、私たち料理人にとってこの上なく魅力的なものです。

私たちはリボーンアート・フェスティバルへの参加を機に、石巻の食の魅力と可能性を改めて掘り下げ、内外に向け広く伝えていくために、新しい挑戦をすることを決意しました。全国で活躍する様々なジャンルの料理人の方々を石巻にお招きし、この地の豊かな食材を知ってもらい、アイディアや刺激を交換しながら、まだ見ぬ一皿を生み出していきます。そして訪れてくださるお客様に食の喜びと幸せを感じていただくとともに、石巻だからこその「新しい日常」や、「持続可能な社会」への手がかりを見出していきます。

「利他」の精神によって生き延びることができた東日本大震災を知る者であり、日々「流動」する命ある食材と向き合っている料理人だからこそ、今できることがあると信じているのです。

コーディネーター

菊池博文

Hirofumi Kikuchi

H3 Food Design代表

岩手県山田町出身。ANAホテル東京、フォーシーズンズホテル東京、グッチ・ジャパンを経て、2001年星野リゾートへの転職を機に軽井沢に移住する。軽井沢ホテルブレストンコートのブライダル開発を経て、2011年に開業した「ユカワタン」⽴ち上げを担当。2015年「noma Tokyo Mandarinoriental」における⻑野県⾷材の調達を担当。2016年星野リゾートを退職、同年にプロデュースした「もうひとつのdaidokoro」はグットデザイン賞を受賞する。2018年「H3 Food Design」を起業し、⽇本の地⽅から、ガストロノミーを起点としたソーシャルデザインに取り組んでいる。J.S.A認定ソムリエ・調理師免許・フードツーリズムマイスター取得。

  • セッションディナー

    石巻を代表する飲食店の料理人と国内の著名な料理人が、石巻・宮城の食材を使ってセッション。食材の知識や調理技術を交換し合い、新たな学びや未来へ向けた繋がりを生むとともに、お客様にこの地の食の豊かさと、料理を通じた喜びと幸せを体感していただきます。

    詳細を見る

  • シンポジウム

    食をテーマにした講演や音楽プログラム、生産者も登壇するディスカッションなどにより、参加者が多角的に食を感じ、考える場を創出。食べるという日常的な行為から、持続可能な未来を思い描くための知識やヒントを得られる場となります。
    Supported by 木下グループ

    詳細を見る

  • 夜市

    石巻の食材を活かし、未利用資源などの課題も組み込んだレシピをゲストシェフたちと共に考案。地元飲食店が一品料理に仕上げ屋台で提供し、川辺の夜に賑わいを生み出します。参加者は出店者との会話を楽しみながら地域の魅力を手軽に、ダイレクトに体感できます。
    Supported by 木下グループ

    詳細を見る

  • 石巻フードアドベンチャー

    豊かな自然を誇り、様々な食材の宝庫でもある石巻・牡鹿半島を、地元に精通した案内人とともに巡ります。参加者が自らの足で歩き、五感を開くことで、石巻の食の魅力や歴史を体験し、たくさんの発見や学びを得る、食の冒険です。

    詳細を見る

  • リボーンアート・ダイニング

    石巻の旬の食材を使い、石巻から発信したい食材の魅力や環境の課題を盛り込んだ一皿を提供。宮城県内に留まらず東北や全国からゲストシェフを招き、刺激的で美味なる料理を次々と生み出し、訪れた人に驚きと喜び、そして気づきをもたらすダイニングです。

    詳細を見る

  • はまさいさい

    地元の食材を中心に使った料理を供する明るく元気な食堂。浜を愛する人たちと共に、浜の日々の暮らしのなかで育まれた知恵を集め、この場所ならではの美味しさをお届けし、新たなにぎわいと出会いの場となることを目指しています。

    詳細を見る

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
— 利他と流動性 —

【 会期 】

ー 夏 ー
2021年8月11日(水)~ 9月26日(日)
※ 休祭日 : 8月18日(水)、
9月1日(水)、 9月15日(水)


ー 春 ー
2022年4月23日(土)~ 6月5日(日)


【 会場 】

ー 夏 ー
宮城県 石巻市街地、
牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川)、
女川駅周辺

ー 春 ー
石巻地域


【 鑑賞時間 】

ー 石巻市街地エリア ー
10:00 ~ 17:00
(16:30最終受付)

ー その他のエリア ー
平日 10:00 ~ 16:00(15:30最終受付)、
土日祝・8月13日〜16日
10:00 ~ 17:00(16:30最終受付)

※施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和3年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

【 後援 】

TBC東北放送、OX仙台放送、ミヤギテレビ、
KHB東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】

Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

FSX株式会社
石巻専修大学

このウェブサイトの情報は
2021年6月22日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
Reborn-Art Festival は牡鹿半島の広大なエリアを会場とした屋外展示が中心の芸術祭であり、もともと密になりにくいニューノーマルのイベントとしてふさわしい可能性を持っていると考えます。

検温はもちろん、人との接触をできる限り減らした運用を心がけ、ディスタンスの確保、換気・消毒の徹底、来場者情報の記録などの対策をとり、安心して楽しめるフェスティバルを開催します。
誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
  • 入場時の検温
  • 鑑賞エリア・動線の
    ディスタンス
  • 消毒・手洗いエリアの
    各所設置
  • パーテーションの
    設置
  • 各エリアでの
    来場記録
  • 換気の徹底
  • 各エリアの
    定期消毒
  • 黙食の推奨
  • マスク着用
  • 混雑時の入場制限
  • 現金授受における
    トレー使用
  • 飲食席の
    ディスタンス
会期中何度でも作品を鑑賞できる Reborn-Art PASSPORT バスで効率的に作品鑑賞 Reborn-Art TOUR