網地島エリア | キュレーター:和多利恵津子・和多利浩一

ロイス・ワインバーガー

ろいすわいんばーがー

1947年 オーストリア、チロル地方の山間部の農村で生まれる。
1970年代~ 自然と人工の空間を対象に、制作活動を開始。
1988年~ ウィーンの自庭で育てた荒地植物を各所に植えるというガーデン・プロジェクトを開始。
1991年 第21回サンパウロ・ビエンナーレに参加。
1997年 ドクメンタX(ドイツ・カッセル)に参加。
2000年 ウィーン近代美術館(オーストリア・ウィーン)で個展開催。
2009年 第53回ベニス・ビエンナーレにオーストリア館代表として参加。
2014年 S.M.A.K.(ベルギー・ゲント)で個展開催。
2017年 ドクメンタ14(ドイツ・カッセル、ギリシャ・アテネ)に参加。
2019年 Museum Tinguely(スイス・バーゼル)で新作個展「デブリ・フィールド」開催中。

現在ウィーンを拠点として活動中。1990年代以降、自然とアートに関する議論に影響を与えつづけ、国内外で多くの個展を開催・国際展に参加しているほか、多数の賞を受賞している。

展示作品

私——雑草———

網地島エリア  | G6

自由な想像ができる詩

私——雑草———

網地島エリア  G6

MAP

自由な想像ができる詩

ロイス・ワインバーガーは1947年オーストリア生まれのアーティスト、詩人です。植物、とりわけ荒地植物(都市の雑草)を主なマテリアルとします。自然と人間との関係性、文化や信仰、そして都市や移民といった現代的な問題も扱い、自然とアートの議論に影響を与え続けてきました。この詩では英語の人称代名詞「私・あなた・彼・彼女・それ・わたしたち・あなたたち・彼ら」に、英語で「雑草」を意味する「weed」がそれぞれ対応しています。「weed」を別の意味にも取れるようですし、「私/あなた/彼……は雑草である」というようにも読めます。

制作年:2004
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
熊野神社
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

組織学の断面

網地島エリア  | G2

茎の断面の模様をモチーフに

組織学の断面

網地島エリア  G2

MAP

茎の断面の模様をモチーフに

本作品は、植物の茎の断面に現れる模様をモチーフとしたドローイングです。ワインバーガーは、自然のもつ美しい形に関心を持っています。また植物や人間といった区分を嫌い、同じ生きものとして考え、異なるとされるものを混交させることを好みます。

ロイス・ワインバーガーは1947年オーストリア生まれのアーティストです。植物、とりわけ荒地植物(都市の雑草)を主なマテリアルとして、1988年からウィーンの自庭で育てた荒地植物を各所に植えるというガーデン・プロジェクトを始めました。自然と人間との関係性、文化や信仰、そして都市や移民といった現代的な問題も扱い、自然とアートの議論に影響を与えつづけてきました。

制作年:2000
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
木村旅館
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

ガーデン

網地島エリア  | G18

別の世界へ移るドアで囲まれた庭

ガーデン

網地島エリア  G18

MAP

別の世界へ移るドアで囲まれた庭

制作年:2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
座敷の家の空き地
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

ガーデン

網地島エリア  | G3

バケツの土の中の種が成長してできる庭

ガーデン

網地島エリア  G3

MAP

バケツの土の中の種が成長してできる庭

プラスチックのバケツに土を詰め放置すると、土の中にある種が成長し、庭ができます。「開けた土地から取ってきた土が詰まったプラスチックのバケツがコンクリートの地面に並べられている。土の中に種があるので/この作品は自ら成長する。時間をかけて、容器の残骸はすべて破片と化していく/繁茂した土地に残る色あせたプラスチック。これらもまた、最後には分解し、それらの最初の色を花だけが覚えている。その後、私の作品はほとんど気づかれなくなる/作者が消える」(ロイス・ワインバーガー)

ロイス・ワインバーガーは1947年オーストリア生まれのアーティストです。植物、とりわけ荒地植物(都市の雑草)を主なマテリアルとして、1988年からウィーンの自庭で育てた荒地植物を各所に植えるというガーデン・プロジェクトを始めました。自然と人間との関係性、文化や信仰、そして都市や移民といった現代的な問題も扱い、自然とアートの議論に影響を与えつづけてきました。

素材協力:株式会社エンテック

制作年:1994/2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
熊野神社
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

小道——場所の破壊的な征服

網地島エリア  | G16

動物は成長の道のりをつくる

小道——場所の破壊的な征服

網地島エリア  G16

MAP

動物は成長の道のりをつくる

キクイムシが樹皮に残す木をかじった跡をモチーフとした壁画です。同時に植物の幹と枝、虫の翅に浮かび上がる脈とも重ねており、植物と動物は生きものである点で同じだと言います。ときに破壊的に、秩序を越えて自由に進む自然の力は、空間に自由なエネルギーを与えます。小屋のトタン壁の三面に描かれており、小屋全体が自然から影響を受けているように見えます。「動物は成長の道のりをつくる——植物という生きもののイメージ 主脈=幹 側脈=枝 育房=果物 場所の破壊的な征服」(ロイス・ワインバーガー)

制作年:2001/2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
青いトタンの納屋
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

植物の生命

網地島エリア  | G4

人間にまなざされることで存在する植物

植物の生命

網地島エリア  G4

MAP

人間にまなざされることで存在する植物

制作年:2011
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
熊野神社
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

ある場所

網地島エリア  | G5

壁に記された、思索を促す詩

ある場所

網地島エリア  G5

MAP

壁に記された、思索を促す詩

制作年:1996

訳:縄田雄二
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
熊野神社
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品