Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

Reborn-Art ONLINE
鹿のゆくえ
交信・声なき声を聴くためのレッスン
鹿のゆくえ

VOL.1 WHY BIOTOPE / なぜビオトープか?

志賀理江子

ARTIST
志賀理江子

MVOL.1 WHY BIOTOPE
November 2020

映像:14分
公開日:2021年1月6日

2019年夏、リボーンアートフェスティバルにて制作された作品 “Post Humanism Stress Disorder” には、東日本大震災の津波の塩害によって枯れ、伐採される予定だった杉の木々と、産業廃棄物に指定された牡蠣殻が素材に使われています。 あれから1年半が経った今、それらを再利用し、牡鹿小積浜の鹿肉解体処理施設「フェルメント」の裏手にビオトープを作ることになりました。 杉の木々は水門や薪に、牡蠣殻は水質を改善するためのビオトープの底材として使用されます。

映像撮影:志賀理江子
映像編集:佐藤貴宏
制作協力:(株)石堂建設

作品を見る

※ この作品の鑑賞はPC 環境を推奨しております。

PROFILE

作家紹介

志賀理江子

LIEKO SHIGA

1980年愛知県生まれ。2004年 Chelsea College of Art and Design(ロンドン)卒業。08年より宮城県在住。12年 「螺旋海岸」展(個展・せんだいメディアテーク)、15年「 In the Wake 」展(ボストン美術館)、「 New Photography 2015 」展(ニューヨーク近代美術館)、17年「ブラインド・デート」展(個展・猪熊弦 一郎現代美術館)、19年「ヒューマン スプリング」展(個展・東京都写真美術館)など。

ART WORK

MAKE A BIOTOPE

ONLINE PROJECTS

現在オンラインで公開中の作品

ARTIST

参加アーティスト一覧

この情報は2021年1月6日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等でやむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。
最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。