Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

Reborn-Art ONLINE
鹿のゆくえ
交信・声なき声を聴くためのレッスン
鹿のゆくえ

血を受け取る
2 血で描く / 再び森へ

淺井裕介

ARTIST
淺井裕介

2 血で描く / 再び森へ

公開日:2021年3月29日

いかなる手段を使ってでも ものを描き続けようと思ったら、いつか自分は血で描くことになるんだろうと謎の覚悟はしていた、

しかし同時にそれは望まれないことのように思っていたし、その望まれないことを自分の制作基準である「気がついたら始まっていたくらいに自然な流れ」が必要だとしたら、血で描くことが自然ってそれってどこかに閉じ込められている時か無人島にでもいる時なのか、予期せぬ大量出血したときなんじゃないの? と気が滅入り、できるならそのタイミングは来なければいいくらいに思っていた。

Reborn-Art Festival 2019 への参加からの、小野寺さんとの偶然の出会いから、時間が動き出す、鹿の血をいただき、血との対話が始まる

土よりもずっと早く生きて変化をするそれは、陰陽で言えば間違いなく陰の部類に入るどうしても死の匂いが纏わりつく素材、描くことが不快に思うことなんて初めての経験、その中で命の力強さを感じ、一滴足りとも無駄にしたくないという思いで描いていく。 言葉になる / ならない感覚が交互にやってくるような、拒絶と融合、快と不快、喜びと悲しみ、矛盾した感覚で描き進めていく。

目を閉じると、鹿の生きていた森が見えてくる、餌を探し回る視線、
美味しそうな若葉、よく動く耳、草を踏む音、
鹿の目線、気付かぬうちに銃口がこちらを向く、銃声、集まる鳥達。

2019年の1回目の猟で撮った血で描いた絵22枚
2021年の2回目の猟で捕った血で描いた絵4枚
捕らえた鹿の角といただいた薬莢を使った立体作品4つ

ここから先は言葉による説明は無しにして、
作ったものをいくつか厳選し公開します。

鹿たちから受け取ったものが変化した作品をいつかどこかで生で見てもらえますように。

今後も開かれてしまった入口をゆっくりじっくり進みながら、
鹿との対話を続けていこうと思う。

                           2021年 東京にて

PROFILE

作家紹介

淺井裕介

YUSUKE ASAI

1981年東京生まれ。東京在住。 淺井は個人のアトリエでの制作と並行して、2003年よりマスキングテープに耐水性マーカーで植物を描く「マスキングプラント」の制作を開始、また、滞在制作する各々の場所で採取された土と水を使用し、動物や植物を描く「泥絵」や、アスファルトの道路で使用される白線素材のシートから動植物の形を切り出し、バーナーで焼き付けて制作する「植物になった白線」など、条件の異なったいかなる場所においても作品を展開する。 近年は立て続けに30mをゆうに超える壁画の大作を発表して注目を集めた。 淺井の描く動植物たちは多くの場合画面に隙間なく併置され、大きな動物の中に入れ子状に小さな動物が現れたりと、ミクロの中にマクロが存在するこの宇宙の生態系を表しているようでもある。 近年の主な個展に、彫刻の森美術館での「淺井裕介 ― 絵の種 土の旅」(2015-2016年)。 また、ヴァンジ彫刻庭園美術館での「生きとし生けるもの」(2016年)、「瀬戸内国際芸術祭」(2013-2016年・犬島)、「越後妻有アートトリエンナーレ2015」、ヒューストンの Rice Gallery での個展「yamatane」(2014年)など国内外のアートプロジェクトに多数参加している。

ART WORK

血を受け取る

ONLINE PROJECTS

現在オンラインで公開中の作品

ARTIST

参加アーティスト一覧

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
— 利他と流動性 —

【 会期 】

オンライン : 2021年1月6日(水) 〜
夏 : 2021 年 8 月 11 日 (水) ~ 2021年 9 月 26 日(日)
春 : 2022 年 4 月 23 日 (土) ~ 2022年 6 月 5 日(日)
※会期中メンテナンス日(休祭日)を設けます。

【 メイン会場 】

ー 夏 ー
2021年
石巻市中心市街地
牡鹿半島(桃浦、荻浜、小積浜、鮎川、and more...)

ー 春 ー
2022年
石巻地域

【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク

【 助成 】

文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業

【 翻訳 】
小山ひとみ、呉珍珍(中国語簡体)、チン ユホウ(中国語繁体)

【 Web Direction 】
加藤 淳也
(PARK GALLERY)

この情報は2021年3月20日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等でやむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。
最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。