まずはここから
リボーンアート・フェスティバルを旅するポイント

どうやって行く?

東京駅からは、JR東北新幹線で約100分で仙台駅へ。仙台駅から仙石東北ラインに乗れば約1時間で石巻駅に到着します(意外と近い!)。石巻駅から牡鹿半島の先端の鮎川エリアまでは車で約1時間。網地島へ渡る船は石巻市街地と鮎川から出ています。車(レンタカー)で自由に巡るか、ガイドやランチ付きのオフィシャルバスツアーがおすすめです。

なにが観られる?

7つのエリアで、7組のキュレーター、約60組の作家たちによる「ART」が展開されるほか、オープニングライブやオペラなどの多彩な「MUSIC」のイベント、ユニークな食体験を通して地域を一層深く味わう「FOOD」のメニューも用意されています。、それぞれのアーティスト(音楽家も料理人もアーティスト!)が展開する作品をお楽しみください。

なにを食べる?

FOODプロジェクトのひとつである「石巻フードアドベンチャー」で“食が生まれるところ”を探検するツアーに関連した料理を味わえる(!)ほか、「Reborn-Art DINING」では精鋭の料理人たちが地域の旬をダイレクトに表現した料理を堪能。浜のおかあさんたちが地元の食材を使った料理を供する食堂「はまさいさい」も元気に営業します。

どこに泊まる?

リボーンアート・フェスティバルを巡るには少なくとも一泊はしたいところ。公式宿泊体験施設「もものうらビレッジ」では宿泊するだけでなく、「人が生きる術(=Reborn Art)」を学び実践することができる(!)ほか、開催エリア内にはさまざまなタイプの宿泊施設があります。アートプロジェクト「夜側のできごと」「詩人の家」にも注目を。

アクセス

東京から石巻まで電車で約2時間40分
石巻駅から旧観慶丸商店まで徒歩で約15分
石巻市街地から鮎川まで車で約1時間
石巻市街地から網地島まで船で約1時間
*電車や車、船などの経路や移動にかかる時間は目安です。当日の天候や運行状況により大幅に変更される場合があります。
※オフィシャル駐車場をご利用の際は、駐車場運営協力費として500円(税込)を頂戴します(当日に限り500円でどのエリアに何度でも駐車可)

パスポート

Reborn-Art Festival のアート作品を鑑賞するには
リボーンアート・パスポートが必要です
石巻市街地、牡鹿半島、網地島に点在する
様々なアーティストによるアート作品を鑑賞するには、
屋内外問わず専用のパスポートが必要になります。

【 料金 】

※中学生以下は鑑賞無料(有料イベントは別途条件付き)
※価格は税込
※再観覧には各エリアごとに(使用済み)パスポートの提示と500円の再観覧費用が必要
※パスポート+2,000円ですべての作品が何度でも鑑賞できるフリーパスにアップグレード

【 購入方法・使い方 】

「リボーンアート・パスポート」は、インターネット、一部店舗、各エリアのインフォメーションで購入できます。

詳細はこちら
どこで買える?

①インターネットで
こちらから「オンラインチケット」を購入できます。
※オンラインチケットをインフォメーションにてご提示ください

②店舗で
こちらで紹介している各取扱店にて「引換券」を購入できます。
※引換券をインフォメーションにてご提示ください

③インフォメーションで
こちらで紹介している各インフォメーションにて購入できます。


いつ使える?
パスポートは会期中(2019年8月3日〜9月29日)のお好きな日程でご利用可能です。

どう使う?
パスポートを各会場にてスタッフにご提示ください。桃浦エリア2ヶ所、荻浜エリア、小積エリア、網地島エリアのインフォメーションでは、入場管理スタンプを押印します。 また、ほとんどの作品および会場に、はんこアーティスト・norioさんがデザインしたスタンプが設置してあります。よろしければ鑑賞記録用に押してお楽しみください。

その他注意事項
・別途チケットが必要なイベントもありますのでご注意ください。
・天候によってはご覧いただけない作品がありますのであらかじめご了承ください。
・パスポート一冊につき、お一人様のみ有効です。一冊のパスポートを複数人で使用することはできません。必ず記名してご使用ください。譲渡や転売されたものは無効となります。
・紛失などいかなる場合も再発行、払い戻しはいたしませんのでご了承ください。

なお、鑑賞無料の中学生以下の方には「こどもパスポート」をご用意しています。

オフィシャルツアー

両方でほぼ全作品が観られるオフィシャルツアー
「リボーンアート・ツアー」販売スタート!
会期中、牡鹿半島と網地島、
それぞれを巡るバスツアーを運行します。
いずれも朝集合し、バスに乗って移動、
ガイドの話を聞きながら主な作品を鑑賞して、夕方に解散します。

おすすめポイント

① ほぼすべての作品が鑑賞できる
1泊2日で両方のツアーに参加すれば、ほぼすべての作品が鑑賞できます(石巻駅前エリア、市街地エリアは網地島コースのツアー後などにご自由にご覧いただけます)。
② ガイドスタッフが魅力を紹介
主にバス内で、ガイドスタッフが作品や地域の特色、歴史などをご紹介します。
③ 地物の食材を盛り込んだ料理を楽しめる
昼食は民宿にて新鮮な魚介類など地物の食材にこだわった料理をご提供します(ツアー後に車の運転をしない方は追加料金で地酒もお楽しみいただけます)。
※ 網地島コースは民宿特製のお弁当になります
④ 旅の時間を有効に
レンタカーで巡るよりも時間を有効に使えます。
⑤ 当日東京に帰れる
牡鹿半島コース参加後でも21時には東京駅に着ける時間設定となっております。
⑥ 1名様でも催行
牡鹿半島コースは3日前11時まで、網地島コースは2日前11時までのお申込みで、1名様から催行します。

牡鹿半島コース

料金 : 9,800円 (税込)

※作品鑑賞パスポートは別途購入が必要です。

石巻駅 (10:00出発) → 荻浜エリア → 小積エリア → 民宿 (昼食) → 鮎川エリア → 桃浦エリア → 石巻駅 (17:35頃着予定)

鑑賞作品数:30作品 申し込み締め切り:3日前11時まで

ガイド、食事等なしで 5,800円 の 牡鹿半島アート鑑賞シャトルバス
会期終了まで毎日運行(水曜日除く)

網地島コース

料金 : 6,800円 (税込)

※作品鑑賞パスポートは別途購入が必要です。

網地港(10:00出発) → 網地島北部 → 網地島中部 →
昼食(網地島の民宿「潮美荘」特製のお弁当) →
網地島南部 → 長渡港(14:30頃着予定)

【 行きの船の例 】
[石巻市街地から]9:00 石巻中央発着所発 → 9:10 石巻門脇発着所発 → 9:54 網地港着(下り1便)
[鮎川から]7:20 鮎川港発着所発 → 7:45 網地港着(上り1便)
【 帰りの船の例 】
[石巻市街地まで]14:51 長渡港発 → 16:24 石巻中央発着所着 → 16:33 石巻門脇発着所着(下り4便)
[鮎川まで]16:38 長渡港発 → 16:50 鮎川港発着所着の上り4便

※上記は網地島ラインの通常ダイヤの時刻です(7月20日〜8月18日は夏季ダイヤですが網地島エリア会期8月20日〜9月29日は通常ダイヤです)

網地島ラインの時刻表はこちら ※船のチケットは各自ご購入ください

鑑賞作品数:20作品 申し込み締め切り:2日前11時まで

※牡鹿半島コースは3日前11時まで、網地島コースは2日前11時までのお申し込みで1名様から催行します。
※石巻駅前エリア、市街地エリアは網地島コースのツアー後などにご自由にご覧いただけます。
※牡鹿半島コースのエリア内観覧は原則自由行動となります。
※作品鑑賞パスポートおよび船のチケットは別途購入の必要があります。
※網地島へ往復する船の時刻表はこちらをご覧ください。

ツアー企画・販売 : 一般社団法人石巻圏観光推進機構
ツアー運営 : 株式会社ノースジャパンツアーズ
お問い合わせ : 一般社団法人石巻圏観光推進機構 reborn-art-tour@umimachi-sanpo.com
緊急連絡先 : 0225-98-8285 (会期中8月3日〜9月29日の10:00〜17:00のみ)

【 ツアー企画・販売 】

石巻圏観光推進協会

【 ツアー運営 】

株式会社ノースジャパンツアーズ

【 お問い合わせ 】

一般社団法人石巻圏観光推進機構 

reborn-art-tour@umimachi-sanpo.com

緊急連絡先:0225-98-8285

会期中8月3日〜9月29日の 10:00〜17:00のみ

モデルコース

リボーンアート・フェスティバル2019 の
アート作品を巡る7つのモデルコース

石巻駅前、市街地および牡鹿半島、また今回はじめて展示エリアとなる網地島島内を効率よく巡っていただくために、それぞれ複数のモデルコースを紹介。巡り方は自由ですが、例として参照し、リボーンアート・フェスティバル 2019 をお楽しみください。

【 牡鹿半島のコース 】
半島・市街地イッキ見コース(仙台を8時に出発)
じつはランチがメイン!なコース(仙台を9時に出発)
東京を8時に出発コース
東京を9時に出発コース

なお、石巻駅前・市街地エリアは石巻駅から徒歩圏内ですが、牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川エリア)の移動は車(レンタカーもしくはマイカー)が基本。車がない方はオフィシャルツアーをご検討ください。路線バスは便数が限られており、効率よく回るのは難しくなります。

【 網地島のコース 】
島民バスを使ってなるべく歩かない楽チンコース
一区間だけ島民バス利用 バランスのとれたコース
オール徒歩で巡るフル堪能コース

また、網地島はまずオフィシャルツアーをご検討ください。鑑賞エリア間をバスで移動でき、ガイドと昼食も付いています。独自に巡る場合、島内の交通手段が極めて限られており、1日で全作品を鑑賞しようとするとほぼ確実にエリア間移動の一部または全部が徒歩となり、その場合は30分~60分程度県道などを歩いて移動することになります。徒歩で巡るのも島独自の植生を楽しめたり、虫の音や風の音を直接感じられたりする良さはありますが、天候によっては過酷な状況となりますのでご注意ください。(レンタカーやレンタサイクル、タクシーはなく、車の輸送も困難です)

宿泊施設

周辺エリアの観光情報

宮城の旅の楽しみが広がる

リボーンアート・フェスティバル
周辺エリアの観光情報

リボーンアート・フェスティバルの主な開催地は石巻市の石巻駅以南ですが、
旅の前後にまわりの町々にも立ち寄ってみませんか?
通り過ぎるだけではわからない美しい自然や、地域の人々の営みに触れられるスポット、
宮城ならではのおいしいものがたくさんあります。
モデルコースとあわせてご紹介します。

事務局からの重要なお知らせ

台風17号接近による9/23(月・祝)網地島エリアクローズのお知らせ
台風17号接近による強風のため9/23(月・祝)は網地島エリアのみ終日クローズとさせていただきます。
なお網地島エリア以外の作品およびインフォメーションは通常通りオープン予定です。
ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019.09.22現在