Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

石巻の旅の楽しみが広がる
周辺エリアの観光情報

AREA

女川町

活気あふれる
日本有数の漁港町
石巻の東に位置する港町。北上山地と太平洋が交わるリアス式海岸が天然の良港を形成し、カキ・ホタテ・ホヤ・銀鮭などの養殖業が盛んで、魚市場には年間を通じて豊富な魚種が数多く水揚げされています。

東日本大震災により町内の住宅およそ7割が流出するなど、未曾有の災害に見舞われた地域ですが、若者が中心となり復興に向けての活動やまちづくりを行っています。

[女川町観光のモデルコース]

  • 女川駅
  • シーパルピア女川/地元市場ハマテラス
  • 女川まちなか交流館
  • あがいんステーション
  • 女川温泉ゆぽっぽ
  • コミュニティースペースうみねこ

女川駅を中心に、駅前のレンガ道(歩行者専用通路)沿いに複数の施設が隣接。
海の幸を堪能してお土産を買った後は、
駅併設の「女川温泉ゆぽっぽ」で汗を流したい。

観光施設

坂茂設計の駅舎に温泉施設も併設

女川駅/女川温泉ゆぽっぽ

JR石巻線の始発駅。世界的建築家・坂茂の設計により、2015年に再建。うみねこが羽ばたく様子をイメージした曲線を描く大屋根が特徴です。駅舎3階にある展望デッキからは女川の町や女川湾を見渡せます。併設された温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」もおすすめ。建物内の壁面には、日本画家の千住博と水戸岡鋭二をアートディレクターに公募で集めた917点の花の絵と千住氏の作品とを合わせた1枚の巨大なタイルアートが描かれています。

所在地:女川町女川二丁目3-2
女川駅電話:0225-54-2553
【女川温泉ゆぽっぽ】
営業時間:9:00〜21:00(休業日:第3水曜)
電話:0225-50-2683

女川の魅力が詰まったショッピングエリア

シーパルピア女川/地元市場ハマテラス

女川駅前の「シーバルピア女川」は、小売店、工房、飲食店など様々な店舗が集まった2015年オープンの商業施設。工房エリアでは、段ボール製の「ダンボルギーニ」やギター制作の見学、スペインタイル絵付け体験(要予約)も行えます。隣接の「地元市場ハマテラス」は港町女川ならではの鮮魚や水産加工物の販売、名物の女川どんぶりやスイーツが味わえる飲食店など「海」をコンセプトにした8店舗からなる観光物産施設です。

所在地:女川町女川二丁目60・66
営業時間、休業日は各店舗により異なります
電話:0225-24-8118(代表)
http://onagawa-mirai.jp/

気軽に訪れたい"まちの居間"

女川町まちなか交流館

「居心地のよい、まちの居間となる、にぎわい交流拠点」をコンセプトに、女川駅前のレンガみち(歩行者専用通路)沿いに建てられた多目的施設。女川の歴史や復興工事の様子が展示されたロビーは、無料で観覧できます。

所在地:女川町女川二丁目65−2
開館時間:9:00〜21:00
休業日:第2・4火曜、年末年始
電話:0225−24-6677
http://onagawa-machikou.com/


女川の水産業を体験

あがいんステーション

旧JR女川駅の外観を復元した施設。女川のお土産はもちろん、石巻市や気仙沼市などの沿岸地域の特産品が揃います。事前予約をすれば、ホタテやホヤなど、女川湾で養殖された魚介類の出荷加工準備から調理、試食までを体験できます。また、3日前までに予約をすれば手ぶらで海鮮バーベキューが可能。


所在地:女川町女川二丁目16-4
営業時間:10:00〜17:00
休業日:月曜(祝日の場合は翌日)
電話:0225-98-7839
http://www.onagawa.co.jp/again-station/

「ゆめ玉」づくりを体験

コミュニティースペースうみねこ

女川町高白浜に唯一残った建物が、加工場兼コミュニティカフェ「ゆめハウス」として復活しました。被災者が自立するための施設として、着なくなったTシャツを利用した布草履製作や木工製品制作販売、イチジクなどを栽培する果樹園を行っており、ボランティアと被災者の交流の場としても利用されています。古くから漁師さんが目印や漁網の浮きとして使ってきた浮き玉を模して作ったストラップをつくる「ゆめ玉づくり」は前日までに要予約。



所在地:女川町高白浜高白25-2(女川駅から車で約12分)
電話:0225-25-7486
営業時間:10:00〜17:00
休業日:木曜
https://www.onagawa-umineko.com/

宿泊施設

トレーラーハウスの宿泊村

ホテル・エルファロ

女川で30年以上旅館業を営んできた被災事業者4社が集まり、「アウトドアリビング」をコンセプトに2012年にオープン。家族や仲間とBBQ や焚き火をしたり、足をのばしてマリンスポーツやトレッキングをしたり、地元の人と語り合ったり……。パステルカラーで彩られた国産トレーラーハウスでもう一つの我が家のような居心地の良さを味わえます。


所在地:女川町女川二丁目1-2
電話:0225-98-8703
https://hotel-elfaro.com/

万石浦の夕日を露天風呂で

女川温泉 華夕美

女川温泉華夕美は南三陸のダイナミックな海岸の地形美が楽しめる景勝地・万石浦の絶好のビューポイントに位置。また、女川の新鮮な魚介を使った自慢の海鮮料理も提供しています。


所在地:女川町浦宿浜字天王130
(最寄りのJR浦宿駅から車で約3分)
電話:0225-53-4188
http://www.ohshokaido.co.jp/hanayubi/

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
— 利他と流動性 —

【 会期 】

ー 夏 ー
2021年8月11日(水)~ 9月26日(日)
※ 休祭日 : 8月18日(水)、
9月1日(水)、 9月15日(水)


ー 春 ー
2022年4月23日(土)~ 6月5日(日)


【 会場 】

ー 夏 ー
宮城県 石巻市街地、
牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川)、
女川駅周辺

ー 春 ー
石巻地域


【 鑑賞時間 】

ー 石巻市街地エリア ー
10:00 ~ 17:00
(16:30最終受付)

ー その他のエリア ー
平日 10:00 ~ 16:00(15:30最終受付)、
土日祝・8月13日〜16日
10:00 ~ 17:00(16:30最終受付)

※施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和3年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

【 後援 】

TBC東北放送、OX仙台放送、ミヤギテレビ、
KHB東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】

Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

FSX株式会社
石巻専修大学

このウェブサイトの情報は
2021年6月22日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
Reborn-Art Festival は牡鹿半島の広大なエリアを会場とした屋外展示が中心の芸術祭であり、もともと密になりにくいニューノーマルのイベントとしてふさわしい可能性を持っていると考えます。

検温はもちろん、人との接触をできる限り減らした運用を心がけ、ディスタンスの確保、換気・消毒の徹底、来場者情報の記録などの対策をとり、安心して楽しめるフェスティバルを開催します。
誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
  • 入場時の検温
  • 鑑賞エリア・動線の
    ディスタンス
  • 消毒・手洗いエリアの
    各所設置
  • パーテーションの
    設置
  • 各エリアでの
    来場記録
  • 換気の徹底
  • 各エリアの
    定期消毒
  • 黙食の推奨
  • マスク着用
  • 混雑時の入場制限
  • 現金授受における
    トレー使用
  • 飲食席の
    ディスタンス
会期中何度でも作品を鑑賞できる Reborn-Art PASSPORT バスで効率的に作品鑑賞 Reborn-Art TOUR