Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

廣瀬智央

Satoshi Hirose

市街地エリア
旧観慶丸商店 2F

Photo by EMY AMARO

1963年東京生まれ。現在イタリア・ミラノ在住。多摩美術大学卒業後にイタリア政府給費奨学生として渡伊。ミラノ・ブレラ美術アカデミーを修了。文化庁在外研修員としてニューヨークに滞在。90年代初期よりイタリアを拠点に、日本、アジア、ヨーロッパなど世界各地の多数の展覧会に参加してきた。イタリアでの生活や異文化間の旅を通して、人生の幸福の意味や多様性の豊かさを発見し、日常の体験や事物をもとに、鑑賞者の五感に強く働きかける作品を繰り広げている。2020年、アーツ前橋にて日本で初めての大規模な個展を開催し、レモン3万個によるインスタレーションが鮮烈な印象を残した。さらに展示後も地域の人と協働し、使用したレモンを紙と石鹸に再生させるなど、循環するアートプロジェクトにも取り組んでいる。

参考画像

  • 廣瀬智央
    「Strange Loop」展示風景
    2020年
    小山登美夫ギャラリー
    Photo by Tartaruga
    Courtesy of Tomio Koyama Gallery
    © 2021 Satoshi Hirose, All Rights Reserved

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
— 利他と流動性 —

【 会期 】

ー 夏 ー
2021年8月11日(水)~ 9月26日(日)
※ 休祭日 : 8月18日(水)、
9月1日(水)、 9月15日(水)


ー 春 ー
2022年4月23日(土)~ 6月5日(日)


【 会場 】

ー 夏 ー
宮城県 石巻市街地、
牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川)、
女川駅周辺

ー 春 ー
石巻地域


【 鑑賞時間 】

ー 石巻市街地エリア ー
平日・土日祝 10:00 - 17:00
(16:30最終受付)

ー その他のエリア ー
平日 10:00 - 16:00(15:30最終受付)、
土日祝・8月13日〜16日
10:00 - 17:00(16:30最終受付)

※施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和3年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

【 後援 】

TBC東北放送、OX仙台放送、ミヤギテレビ、
KHB東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】

Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

石巻専修大学

このウェブサイトの情報は
2021年6月22日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
Reborn-Art Festival は牡鹿半島の広大なエリアを会場とした屋外展示が中心の芸術祭であり、もともと密になりにくいニューノーマルのイベントとしてふさわしい可能性を持っていると考えます。

検温はもちろん、人との接触をできる限り減らした運用を心がけ、ディスタンスの確保、換気・消毒の徹底、来場者情報の記録などの対策をとり、安心して楽しめるフェスティバルを開催します。
誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
  • 入場時の検温
  • 鑑賞エリア・動線の
    ディスタンス
  • 消毒・手洗いエリアの
    各所設置
  • パーテーションの
    設置
  • 各エリアでの
    来場記録
  • 換気の徹底
  • 各エリアの
    定期消毒
  • 黙食の推奨
  • マスク着用
  • 混雑時の入場制限
  • 現金授受における
    トレー使用
  • 飲食席の
    ディスタンス
会期中何度でも作品を鑑賞できる Reborn-Art PASSPORT