これからの自分に、出会う旅。
リボーンアート・フェスティバルは、
宮城県の牡鹿(おしか)半島と石巻市街地を主な舞台とした、
「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできるお祭りです。
2回目となる2019年は、
網地島を含む7つのエリアで7組のキュレーターが
多様な作家たちと『いのちのてざわり』に思いを馳せながら、
作品をつくります。
今、生まれ変わろうとしているこの場所だからこそ、
他では出会うことのない価値観や人に出会うことができる。
今まで出会うことのなかった自分にさえ、
出会うことができるかもしれません。
Reborn-Art
=人が生きる術
『Art』とは 『人が生きる術』 、すべてを指す『Ars』ということば(ラテン語)がもとになっています。私たちは東日本大震災以後はっきりと、自分たちのまわりからほんとうの『人が生きる術』が失われかかっていることを、認識するようになりました。今もっとも必要なことは、この『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことにあると考えた私たちは、自分たちのめざすものを『Reborn-Art』と名付け、食や住や経済などの『生活の技』、アートや音楽やデザインの『美の技』、地域の伝統の『叡智の技』などとして、さまざまな領域における『Reborn-Art』を発見 / 再発見しようとしています。お祭りの中心地となる牡鹿半島には、人の手の加えられていない自然が多く残されています。そこには津波の傷跡とともに、人の営みと豊かな海と山と森があり、そのまんなかに『Reborn-Art』のお祭りが出現します。ここを訪れる皆さんが、地域の人々やアーティストやスタッフと一緒になってお祭りをつくりだすとき、ほんとうの意味で地域が前に向かって進んでいくためのエネルギーが生まれてくるはずです。
ART

地域の未来を示唆するアート

地域の未来を示唆するアート

7つのエリアで、7組のキュレーターとともに、約60組の多様なアーティストたちが作品を展開します。それぞれの地域で住民や土地の記憶に触れ、豊かさ、強さ、厳しさや優しさを感じたアーティストたちは、さまざまなメッセージを発し、未知の世界を見せてくれるはずです。
MUSIC

地域やアートと融け合う音楽

地域やアートと融け合う音楽

オープニングライブ「転がる、詩」に始まり、オペラ「四次元の賢治 -完結編-」や、静かなビーチでの幻想的なコンサート、みんなで踊る盆踊り……。さまざまな音楽家たちが豊かな自然のなかで奏でる音楽は、地域やアート作品と融合し、感動を増幅させてくれるでしょう。
FOOD

地域を一層深く体感する食

地域を一層深く体感する食

“食が生まれるところ”を探検するイベント「石巻フードアドベンチャー」、精鋭の料理人たちが地域の旬をダイレクトに表現するレストラン「Reborn-Art DINING」、浜のお母さんたちが地元の食材を使った料理を供する食堂「はまさいさい」。ユニークな食体験でこの地を味わえます。

いのちのてざわり

 自然の猛威による未曾有の震災が残した爪痕はいまもまだ東北のあちこちで散見できる。それを単純に<ネガティブ>と形容することには躊躇いがあるにせよ、そこから転じた<ポジティブ>が『Reborn-Art=人が生きる術』をキーワードとするこの芸術祭を形作ってきたのは確かだ。2017年の第1回ではアートを媒介にして人の想いや繋がりが新たにさまざまに生まれていった。

 来たる2019年の第2回は『いのちのてざわり』をテーマに掲げようと思う。暴走する経済をはじめとした現代社会の状況は、人が生きることの本質からどんどん遠ざかりつつあるように見える。石巻でしか生まれ得ない「いのち」という我々の根源に深く触れることのできる作品を、そこで新たな<ポジティブ>をみつける未来に向けたダイナミズムを、ぜひ体感していただきたい。

リボーンアート・フェスティバル
実行委員長 小林武史

開催概要

リボーンアート・フェスティバル 2019

会期
2019年8月3日(土)- 2019年9月29日(日)
※水曜休祭予定
(8月14日およびイベント開催日は除く。詳細は後日発表)
※網地島エリアは8月20日より開催


鑑賞時間
【平日】10:00~16:00(15:30最終受付)
【土日祝・8月13日〜16日】10:00〜17:00(16:30最終受付)
※施設、作品によって異なる場合もありますので各作家のページにてご確認ください

会場
牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾
(宮城県石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町)

主催
Reborn-Art Festival 実行委員会、
一般社団法人APバンク

共催
宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町、
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社、
ヤフー株式会社

助成

令和元年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
文化庁
日本博
オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
JAPAN AUSTRIA

協賛

(50音順)

地元特別協賛

地元協賛

  • 株式会社ワンテーブル、アイベックスエアラインズ株式会社、ニッポンレンタカー東北株式会社、特定非営利活動法人石巻市スポーツ協会、有限会社アイ・エフ・エス、齋藤不動産管理事務所、コメダ珈琲店石巻蛇田店