• トップ > 
  • トピック一覧 > 
  • 伊藤存+青木陵子による網地島の船の上の店“メタモルフォーセス”

伊藤存+青木陵子による網地島の船の上の店“メタモルフォーセス”

 

網地島エリアの伊藤存と青木陵子の展示は二箇所で展開されています。そして秘密の「畑」と「店」は、《海に浮かぶ畑がつくり始めると、船の上の店は伝言しだす》というタイトルで繋がっています。

「船の上の店“メタモルフォーセス”は、かつての駄菓子屋をお店になおし、島の空家で発見したものに何か手を加えることで商品にして販売しています。商品は青木と伊藤によって依頼された様々な土地や職業の人がアイデアや技術を提供して出来ました。商品のあいだには、島で見つかった手仕事やドローイングなどの作品も同時に展示されます。店の商品や作品は、様々な事柄を流動させながら、つくることは増幅し、また新しい場所へ姿を変えてあらわれるでしょう」(伊藤存+青木陵子)

【コラボレーター】
青木 節子、芦田 朋子、芦田 喜代美、井出 賢嗣、宇加治 志帆、佐々木 ひろこ、新道 牧人、千葉 正也、万代 洋輔、モアレ、八木 春香、薮内 美佐子、島の方々

 

船の上の店“メタモルフォーセス”

場所:旧駄菓子店 奥田屋(G17)
詳細はこちら

関連キーワード

最新トピック

  • 石巻専修大学・石巻高校との協働プロジェクト報告書冊子

    リボーンアート・フェスティバルは、地域の教育機関など多様な主体と協働をしております。このたび石巻専修大学庄子ゼミと石巻高校新聞部の皆さんと行ったプロジェクトについて 報告書冊子 ができました。地元学生の皆さんの目線からとらえたリボーンアートが表現されておりますのでぜひご覧ください。
    報告書冊子 PDF

    2020.03.07

  • 映像作品「まほう」が文化庁メディア芸術祭で「U-18賞」を受賞!

    石巻のこどもたちと森本千絵さん+goen°で制作した映像作品「まほう」が文化庁メディア芸術祭・エンターテインメント部 門の「U-18賞」を受賞しました。
    詳細を見る

    2020.03.06