未来を担うこどもたちのために。「こどもパスポート」を配布

 

リボーンアート・フェスティバル2019では、中学生以下の作品観覧料を無料としています。それは、こどもたちが現代アートや牡鹿半島の自然などと触れ合い、自らが自然や命、地域、ほかの世代の人々などとの循環のなかにあることに気づくきっかけとなる場を提供したいという思いから。

そしてより多くのこどもたちにリボーンアート・フェスティバルに親しんでもらうために、株式会社日立システムズの協力を得て、「こどもパスポート」を配布しています。一般向けのリボーンアート・パスポート(有料)と同様に、作品の傍らに用意されたユニークなスタンプを押して楽しめるほか、牡鹿半島まで(石巻駅前エリア、市街地エリア、桃浦エリア、荻浜エリア、小積エリア、鮎川エリア)のすべてのスタンプを集めると景品を、さらに網地島まで(網地島エリア)のすべてのスタンプを集めるともうひとつの景品をプレゼントします。

 

 

こどもパスポートは各エリアのインフォメーションで配布。景品(リボーンアート・フェスティバル2019のオリジナルグッズ)は、石巻駅前、旧観慶丸商店、旧荻浜小学校内のインフォメーションにて引き換えられます。

関連キーワード

最新トピック

  • 伊藤存+青木陵子による網地島の船の上の店“メタモルフォーセス”

    網地島エリアの伊藤存と青木陵子の展示は二箇所で展開されています。そして秘密の「畑」と「店」は、《海に浮かぶ畑がつくり始めると、船の上の店は伝言しだす》というタイトルで繋がっています。
    詳細を見る

    2019.09.14

  • 青葉市子『鮎川のしづく』CD-R発売決定!9月15日(日)記念コンサートを開催します【受付終了】

    鮎川エリア参加アーティスト青葉市子が、ここでの滞在をきっかけに制作・録音した「音たち」をまとめた音源集が完成しました。同じく参加アーティストの吉増剛造との合奏も収録されています。
    詳細を見る

    2019.09.13