Reborn-Art Festival

FOLLOW US

© Reborn-Art Festival

「共につくる」をテーマに石巻の食材の魅力を発信する 「リボーンアート・ダイニング」

Reborn-Art Festival を象徴する作品の一つである名和晃平《White Deer(Oshika)》とともに佇む「リボーンアート・ダイニング」が今年も会期中、牡鹿半島の荻浜にオープンします。

美しく輝く海を目の前にしながら、緑豊な山のふもとでもあるホワイトシェルビーチに位置するこのダイニングでは、生産者の顔が見える地元の山海の幸をふんだんに使い、石巻から発信したい食材の魅力や環境の課題を盛り込んだ一皿を提供していきます。

また宮城・東北を中心に全国からもゲストシェフを招き、刺激的で美味なる料理を次々と生み出し、訪れた人に驚きと喜び、そして気づきをもたらします。目指すのは、生産者・料理人・お客様の三者が出会い、つながり、新しい価値を「共につくる」ダイニングです。

「リボーンアート・ダイニング」の4つのコンセプト

① お皿の上に石巻を表現する
海の幸、山の幸ともに、生産者の顔が見える石巻の食材をメインに使用し、この地の食材の可能性を開拓し、伝えていく。またゲストシェフと地元の食材との融合も意識し、多様な人が集まる街・石巻をそのままに表現。

② この場所で獲れたものを、この場所で
美しい海と山に囲まれている立地を最大限に生かし、訪れたお客様に風や香り、音を感じていただき、食材の背景にある自然と人の営みの豊かさをも味わっていただきます。また海と山の幸が出会い、一品の料理に溶け合うことの妙を体感していただきます。

③ 料理に至るまでの過程を大切に
必ずしも何の料理をつくるのかを先に決めるのではなく、その日の漁で獲れた魚や、山を歩いて出会った食材を中心にメニューを組み立てていきます。またゲストシェフと技術や知識を交換して、そこで得た刺激や喜びも一皿の上に盛り込んでいきます。

④ 生産者・料理人・お客様、三者で「共につくる」
この日、このダイニングに訪れてくださったお客様への感謝。この日の食材と生産者への感謝。料理人は、生産者やお客様と、この日、この場でしかできないセッションをするような気持ちで、美味しい料理と喜び溢れる時間を「共につくる」ことを目指します。

「ゲストシェフDAY」はゲストシェフによるコース料理、「レギュラーDAY」は通常のコース料理を提供します。

【 料金 】

ゲストシェフDAY:5,800円(税込)
レギュラーDAY:3,800円(税込)

【 予約 】

ゲストシェフDAY:
電話・Peatixで予約可能(Peatixでの予約は前日17:00まで)

レギュラーDAY:
電話のみで予約可能

☎ 090-9547-4968(リボーンアート・ダイニング専用番号)

※ 電話受付は平日11:00〜16:00

※ 予約優先

※ 駐車場のご予約は、ゲストシェフDAYの Peatix からのご予約のみとなります。

※ 荻浜駐車場が満車に近い状況の場合の案内はこちら

※ ご連絡なく15分以上経過した場合は、キャンセルとさせていただきます


【 ゲストシェフ 】

・8月11日(水)
目黒浩敬「AL FIORE」(宮城)
予約:https://peatix.com/event/2366271

・8月21日(土)
奥田政行「Al-ché-cciano」(山形)
予約:https://peatix.com/event/2366279

・8月22日(日)
今村正輝「いまむら」(石巻)
予約:https://peatix.com/event/2366295

・8月28日(土)
渡邉篤史「ISOLA」(宮城)× 無藤哲弥「Bistro D’arbre」(東京)
予約:https://peatix.com/event/2366308

・8月29日(日)
赤間善太「Chez Nous」(宮城)× 萱森広「L’esperance Kayamori」(千葉)
予約:https://peatix.com/event/2366320

・9月4日(土)
石川大「松本十帖 ALPS TABLE」(長野)
予約:https://rebornartfestival-food-dining6.peatix.com

・9月11日(土)
臼田雅「日本料理 うすだ」(宮城)× 佐々木紗矢香「こうめ」(宮城)
予約:https://rebornartfestival-food-dining7.peatix.com

・9月12日(日)
武田悠佐藤洋一郎「POURPIER」(山形)× 安孫子陽平「Ritz Garden」(山形)
予約:https://rebornartfestival-food-dining8.peatix.com

・9月18日(土)
白鳥翔大「ANTCICADA」(東京)
予約:https://rebornartfestival-food-dining9.peatix.com

・9月19日(日)
白鳥翔大「ANTCICADA」(東京)
予約:https://rebornartfestival-food-dining10.peatix.com

・9月20日(月・祝)
三浦将尋「レストランmiura」(宮城)× 佐藤強「和み処 男山」(宮城)
予約:https://rebornartfestival-food-dining11.peatix.com

・9月23日(木・祝)
宮川徹「和の膳 みや川」(岩手)× 山崎純「和海味処 いっぷく」(岩手)× 佐藤剛「割烹 岩戸」(岩手)
予約:https://rebornartfestival-food-dining12.peatix.com

【 ディレクター 】

今村正輝(いまむら)

【 所在地 】

石巻市荻浜横浜山25

※ 荻浜駐車場が満車に近い状況の場合の案内はこちら をご覧ください。


【 営業日 】

リボーンアート・フェスティバルに準ずる


【 営業時間 】

平日
11:00〜16:00(15:30 L.O.)

土日祝・8月13日〜16日
11:00〜17:00(16:30 L.O.)

※いずれもランチメニューは14:00ラストオーダー。ゲストシェフのイベント日は、ラストオーダーの時間が変更になる場合があります

【 席数 】

26席

トップへもどる
このトピックをシェアする
facebook
twitter
line

最新のトピック

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
— 利他と流動性 —

【 会期 】

ー 夏 ー
2021年8月11日(水)~ 9月26日(日)
※ 休祭日 : 8月18日(水)、
9月1日(水)、 9月15日(水)


ー 春 ー
2022年4月23日(土)~ 6月5日(日)


【 会場 】

ー 夏 ー
宮城県 石巻市街地、
牡鹿半島(桃浦・荻浜・小積・鮎川)、
女川駅周辺

ー 春 ー
石巻地域


【 鑑賞時間 】

ー 石巻市街地エリア ー
10:00 ~ 17:00
(16:30最終受付)

ー その他のエリア ー
平日 10:00 ~ 16:00(15:30最終受付)、
土日祝・8月13日〜16日
10:00 ~ 17:00(16:30最終受付)

※施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和3年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

【 後援 】

TBC東北放送、OX仙台放送、ミヤギテレビ、
KHB東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】

Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

FSX株式会社
石巻専修大学

このウェブサイトの情報は
2021年6月22日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
Reborn-Art Festival は牡鹿半島の広大なエリアを会場とした屋外展示が中心の芸術祭であり、もともと密になりにくいニューノーマルのイベントとしてふさわしい可能性を持っていると考えます。

検温はもちろん、人との接触をできる限り減らした運用を心がけ、ディスタンスの確保、換気・消毒の徹底、来場者情報の記録などの対策をとり、安心して楽しめるフェスティバルを開催します。
誰もが安心して楽しめる
フェスティバルに
  • 入場時の検温
  • 鑑賞エリア・動線の
    ディスタンス
  • 消毒・手洗いエリアの
    各所設置
  • パーテーションの
    設置
  • 各エリアでの
    来場記録
  • 換気の徹底
  • 各エリアの
    定期消毒
  • 黙食の推奨
  • マスク着用
  • 混雑時の入場制限
  • 現金授受における
    トレー使用
  • 飲食席の
    ディスタンス
会期中何度でも作品を鑑賞できる Reborn-Art PASSPORT バスで効率的に作品鑑賞 Reborn-Art TOUR