詩人の制作場所が夜な夜なバーに!?「詩人の家 BAR」営業中

鮎川エリア参加作家の青葉市子@「詩人の家 BAR」

 

詩人の吉増剛造がリボーンアート・フェスティバルの会期中ほぼ毎日、執筆や制作、観客との交流を行う「詩人の家」は鮎川エリアの中心地。その「詩人の家」は作品鑑賞時間終了後、バーとして開かれています。

 

 

地元の大工さんが設えたバーカウンターは夕暮れになると展開され、昼間との変化も楽しめます。牡鹿半島の先端にある鮎川は半島の旅の終着地点。訪れてみれば、一息つけるだけでなく、鮎川の地元の人たちや日本全国からやってきた人たち、そしてアーティストたちにも出会えるかもしれません。車の方にはノンアルコールのドリンクもご用意しています。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

 

詩人の家 BAR

日時:
【平日】16:00〜20:00
【土日祝・8月13日〜16日】17:00〜20:00
※水曜休み、事情により臨時休暇あり

場所:
詩人の家 石巻市鮎川浜寺前18-6

詳しくは「詩人の家」オフィシャルSNSにてご確認ください。

最新トピック

  • 「転がる、詩」ライブレポート(2)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポート(2)をお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.18

  • 「転がる、詩」ライブレポート(1)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポートをお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.17