JR石巻線が全線開通80周年でラッピングトレイン運行中

Photo: Yukihide Nakano

今年10月7日に石巻線全線開通80周年を迎えるJR東日本では、リボーンアート・フェスティバル2019の会期スタートに合わせて、8月3日から石巻線でラッピングトレインを運行しています。

車体デザインを手がけたのは、「石巻こけし」で知られるこけし作家の林貴俊さん。林さんは石巻駅近くの商店街にある「林屋呉服店」の3代目で、東日本大震災で被害を受けた石巻を元気にするような新しい物を作りたいという想いからこけし作りをスタートし、工房兼店舗「Tree Tree Ishinomaki」(林屋呉服店内)を営んでいます。今回は石巻こけしをモチーフに、石巻沿線で働く人の顔や観光地、特産品をもとにデザインしたユニークなキャラクターたちが石巻線の車体を彩ります。

石巻線ラッピングトレイン
運転日:2019年8月3日(土)〜 2020年3月31日(火)※予定
対象列車:キハ110系2両編成
運転区間:石巻線 小牛田〜石巻〜女川
運転時刻:往路…小牛田発9:27〜石巻発10:36〜女川着11:01
     復路…女川発11:09〜石巻発11:53〜小牛田着12:30

※ 列車は2両編成を基本としますが、切り離して他の車両と連結する場合もあります。
※ 上記以外の運転区間・時刻でも運転します。

 

また、2019年11月30日までは、石巻駅、石ノ森萬画館、女川温泉ゆぽっぽ(女川駅直結)などを巡り、林さんデザインのスタンプを集められる石巻線全線開通80周年記念スタンプラリーも行われます。スタンプラリーの詳細はこちらから。

最新トピック

  • 「転がる、詩」ライブレポート(2)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポート(2)をお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.18

  • 「転がる、詩」ライブレポート(1)

    RAF2019のオープニングイベントとして8月3日、4日に石巻市総合体育館にて行われた「転がる、詩」のライブレポートをお届けします。
    詳細を見る

    2019.08.17