Reborn-Art Festival

利他と流動性 [ 後期 ] 2022年8月20日 (土) - 10月2日 (日) ※ 会期中に、休祭日を設ける予定です

会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島

新型コロナウィルス感染症対策について

© Reborn-Art Festival 2021-22

FOLLOW US

目[mé]

復興祈念公園周辺エリア

Photo by Takehiro Goto

アーティスト 荒神明香、ディレクター 南川憲二、インストーラー 増井宏文を中心とする現代アートチーム。個々の技術や適性を活かすチーム・クリエイションのもと、特定の手法やジャンルにこだわらず展示空間や観客を含めた状況/導線を重視し、果てしなく不確かな現実世界を私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開している。代表作に、個展「たよりない現実、この世界の在りか」(資生堂ギャラリー、2014年)、《Elemental Detection》(さいたまトリエンナーレ2016)、《repetitive objects》(大地の芸術祭 越後妻有アート トリエンナーレ2018)、《景体》(六本木クロッシング2019展:つないでみる、森美術館、2019年)、個展「非常にはっきりとわからない」(千葉市美術館、2019年)、個展「ただの世界」(SCAI THE BATHHOUSE、2021年)、《まさゆめ》(Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13、2019-21年)などがある。第28回(2017年度)タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞、VOCA展2019佳作賞受賞。Reborn-Art Festival 2017に参加。

作品番号 :
B4
タイトル :

repetition window 2022

《repetition window》 2017年 Reborn-Art Festival 2017より / Photo by Max Pinckers

制作年 :
2017/2022
目[mé]は、アーティスト荒神明香、ディレクター南川憲二、インストーラー増井宏文を中心とする現代アートチームです。展示空間や観客を含めた状況/導線を重視し、果てしなく不確かな現実世界を私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開しています。

本作は Reborn-Art Festival 2017 で発表された、車窓から石巻の景色を見せる作品の2022年版です。今回発表する《repetition window 2022》では、進行方向左右の窓から、石巻南浜エリアの公園整備によって静かに広がる公園内の風景と、それとはまるで対照的に刻々と変化し続ける公園外の風景の両面を淡々と見せるものです。運行経路の折り返し地点を境に変わる景色を通して、南浜の今を観客に届けます。

「唐突な縁側による既視感の『縁』は、人間の行動やその意味を突き放すように窓の外の世界を眺めさせます。また、大きな窓からまじまじと景色を見る鑑賞者の姿は、地元地域から見られることになります。そういった、ものを見る上での少しの緊張関係の中で、どこか、見ることを許し続ける、そんな作品であればと思い発表し続けています」(目[mé])
展示場所 :
西光寺墓地駐車場
GoogleMapで調べる
※ 本作の鑑賞には予約が必要です。
※ 車両点検のため、しばらくの間予約受付を停止いたします。ご了承ください。(9/16)

※ 各回定員8 名です。

※ 道路交通法に従い、チャイルドシートを必要とする6歳未満のお子様はご乗車いただけません(膝上で抱っこしてのご乗車も不可となります)。

※ 乗車中、振動により車体が大きく揺れる場合がございます。




鑑賞時間(時間枠 / 1時間毎):

① 10:15〜10:45
② 11:15〜11:45
③ 12:15〜12:45
④ 13:15〜13:45
⑤ 14:15〜14:45
⑥ 15:15〜15:45
⑦ 16:15〜16:45





< 鑑賞予約について >

・鑑賞日の2日前の 23:59 まで、オンライン(ArtSticker)にて事前予約が可能です。オンライン予約はこちらから。

・鑑賞日の前日および当日は、石巻駅前・石巻中心市街地(旧観慶丸商店)・復興祈念公園周辺(まねきショップ)の3か所のインフォメーションにてご予約を承ります(空き状況により、予約をお受けできない日時もございますのであらかじめご了承ください)。

インフォメーション詳細はこちらから
https://www.reborn-art-fes.jp/passport/information/


・鑑賞をご希望の方には、オンラインでの事前予約をおすすめします。





< 鑑賞時の注意事項 >

・事前にリボーンアート・パスポートをご購入のうえインフォメーションでチェックインを済ませてからご来場ください。

リボーンアート・パスポートの詳細はこちらから
https://www.reborn-art-fes.jp/passport/

・入場前に予約画面とご本人確認を行いますので、上演開始時刻の5 分前までにご集合ください。

・上演開始時間に遅れた場合はご入場いただけません(上演開始後の入退場不可)ので、あらかじめご了承ください。お時間に余裕を持ってお越しください。





会場協力:西光寺
映像撮影:中野幸英
映像編集:藤木裕介
映像出演:浅野香純

参考画像

  • 目[mé]
    《repetition window》
    2017年
    Reborn-Art Festival 2017

関連トピック

同じエリアの展示アーティスト

トップへもどる

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
[ 後期 ]
— 利他と流動性 —

【 会期 】

2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)
※ 休祭日:8月24日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)


【 会場 】

宮城県 石巻市街地
(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、
牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)


【 鑑賞時間 】

石巻市街地(石巻中心市街地、
復興祈念公園周辺、渡波)
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
平日 10:00〜16:00(15:30最終受付)
土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

※ 施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和4年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

EXELCO DIAMOND

【 後援 】

TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、
khb東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】



Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

日本製紙株式会社石巻工場、西濃運輸株式会社、
石巻専修大学
株式会社宝栄建設、
FSX株式会社、社会福祉法人夢みの里

このウェブサイトでは
できるだけ最新の情報を掲載していますが、
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイト、または SNS をご確認ください。

観光バスで効率的に作品鑑賞ができるリボーンツアー予約受付中