Reborn-Art Festival

利他と流動性 [ 後期 ] 2022年8月20日 (土) - 10月2日 (日) ※ 会期中に、休祭日を設ける予定です

会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島

新型コロナウィルス感染症対策について

© Reborn-Art Festival 2021-22

FOLLOW US

【 終了しました 】 セッションダイニング #5 メニュー発表 | 特別ゲストにチェロ奏者の四家卯大の参加が決定

ゲストシェフに日本においてのシャルキュトリの第一人者・楠田裕彦シェフ(METZGEREI KUSUDA)を迎え行われる「セッション・ダイニング #5」のメニューが決定しました。

テーマは「“サスティナブル” 最近よく聞くこの言葉を私たちなりに表現したい」

《メニュー》
・アミューズ:米の薄い煎餅、ハム 
・貝出汁:貝、鹿燻製、海苔、海藻パウダー 
・イシガニと鴨のガラスープ:パプリカ、ラールフュメ(燻製ベーコン)、鴨ハツ、鴨レバー 
・メイン:穴子と 32℃ 豚肉スライス、野菜ピュレ、季節の野菜グリル 
・大麦 小麦 穀物 おじや:経産牛のうちももプティサレスライス 
・デザート:生キクラゲ、青イチヂク、シャインマスカット、山椒シロップ 


「我々の業種が存在する意義もある」と語る楠田裕彦シェフ。
彼こそが、日本においてのシャルキュトリの第一人者ではないだろうか。 
シャルキュトリとは、食肉加工職人の総称。彼自身の美しい佇まいから提供されるのは、鴨、豚、牛。 
この3種の肉がセッションダイニングの食材に選ばれ今、まさに仕込まれています。

さらに今回、チェロ奏者の四家卯大氏の特別出演が決定いたしました。

お二人が想いを馳せあった2019年に実施した「謝肉祭」以来の共演となります。

リボーンアートフェスティバルだからこそ、ひとの生活の中にある「食と音楽」を繋げることができ、自然に心を委ねる時間が持てるのだと思います。

これまで毎年毎年、楠田シェフが発していた未来への気持ちを、四家さんのチェロの響きと共にお楽しみください。

 

 

続いて、セッションダイニングに欠かせない、ホストとサポートシェフについて。

西條貴章シェフは石巻のアイトピア通りに、素敵な中庭とカウンターのあるお店を構えています。しっかりしたコースもあれば、おなかすいた時にさっと食べられる一皿にも対応してくださります。楠田シェフと親交も深く、共にこの石巻に「おしかばぶ」を誕生させました。これからの石巻にさまざまに可能性を感じています。

街にフレンチがあることは、様々な人の暮らしを華やかにしてくれます。一度店を覗いてみてください。今回は楠田シェフのコースに欠かせない部分を担ってくださいます。海の資源を生かした濃厚な出汁を引き出してくれる大役を担い、すでに絶賛準備中。 

佐々木紗矢香シェフは、仙台からの参戦です。度々牡鹿半島を訪れるお二人は心強い沢山の生産者に愛されています。以前から関わりのある農家さんや生産者さんとの長いお付き合いを大事にする2人のお料理には抜群の定評があるだけでなく、旬を感じさせつつ安心感と存在感のある品々を食することができます。毎日どこかの畑に、山に、海にいるのがこうめさん。そんなこうめさんのアイディアを生かして、楠田シェフとセッションします。 

この記事を読んでくださったみなさまと、ぜひリボーンアート・ダイニングで素敵な休日を⋯。

 


《セッションダイニング#5》

“サスティナブル” 最近よく聞くこの言葉を私たちなりに表現したい

コース料理(5皿): ¥8,800(税込)
*ドリンクはキャッシュオンデリバリーです

日時:

2022年9月18日(日)
① 11:00〜12:30 ② 13:00〜14:30

2022年9月19日(月・祝)
① 11:00〜12:30 ② 13:00〜14:30

※ 9月18日 ②13:00〜14:30 の枠は残り1名となっております。

ゲストシェフ:
楠田裕彦「METZGEREI KUSUDA」(兵庫)    

ホストシェフ:
西條貴章「Ciel étoilé」(石巻)

サポートシェフ :
佐々木紗矢香「こうめ」(仙台) 

スペシャルゲスト:
四家卯大(チェロ奏者 / 東京)
http://udai66.com/ 

予約方法:
Peatixにて

   

トップへもどる
このトピックをシェアする
facebook
twitter
line

最新のトピック

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
[ 後期 ]
— 利他と流動性 —

【 会期 】

2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)
※ 休祭日:8月24日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)


【 会場 】

宮城県 石巻市街地
(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、
牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)


【 鑑賞時間 】

石巻市街地(石巻中心市街地、
復興祈念公園周辺、渡波)
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
平日 10:00〜16:00(15:30最終受付)
土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

※ 施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和4年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

EXELCO DIAMOND

【 後援 】

TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、
khb東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】



Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

日本製紙株式会社石巻工場、西濃運輸株式会社、
石巻専修大学
株式会社宝栄建設、
FSX株式会社、社会福祉法人夢みの里

このウェブサイトでは
できるだけ最新の情報を掲載していますが、
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイト、または SNS をご確認ください。

観光バスで効率的に作品鑑賞ができるリボーンツアー予約受付中