網地島エリア | キュレーター:和多利恵津子・和多利浩一

梅田哲也

うめだ てつや

Photo: Rody Shimazaki

おもにインスタレーションを制作している。作品はよく建築や音楽のようにとらえられる。なにを作るかは手をつけてみないとわからない。近年の展覧会に「札幌国際芸術祭2017」、「東海岸大地藝術節」(台東、2018年)、個展に「See, Look at Observed what Watching is」(Portland Institute for Contemporary Art、ポートランド、2016年)。パフォーマンス作品では「Composite: Variations」(Kunstenfestivaldesarts 2017、ブリュッセル)、「INTERNSHIP」(国立アジア文化殿堂、光州、2016年 / TPAM 2018、 KAAT神奈川芸術劇場ホール)などがある。

針の目

網地島エリア  | G14

穴というものの正体

針の目

網地島エリア  G14

MAP

穴というものの正体

梅田哲也はありふれた日用品を用いて、見聞きしたことのない音や動きを発生させる「現象」をつくり出し、場や観客を巻き込むようなライブ・インスタレーションを展開しています。本作はピンホールと水琴窟の原理を用いた音と視覚のインスタレーションです。「穴を掘ることがまずひとつあって、その穴に人が入ることがまたひとつ。穴の上はこんもりとした小さな山で、人はここに立つことができるというのもまたひとつ。入る前と出た後とでちょっとだけ違ってみえる景色があれば、それが穴というものの正体なんだとおもいます」(梅田哲也)

制作年:2019
鑑賞可能時間
平日…10:00~16:00(15:30最終受付)
土日祝…10:00〜17:00(16:30最終受付)
作品の場所
涛波岐埼灯台付近
オフィシャル
ツアー
○ 網地島コース
パスポート
必須

このエリア周辺の作品

アーティスト関連トピック

  • 【ワタリウム美術館版】 2つの特別ツアーを開催

    網地島エリアをキュレーションしたワタリウム美術館(和多利恵津子・和多利浩一)が、8月31日(土)〜 9月1日(日)に「牡鹿半島+網地島 ぐるっと全部ツアー」、9月22日(日)〜23日(月祝)に「島の夜を体験する 網地島鑑賞ツアー」を企画。参加者を募集しています。
    詳細を見る

    2019.08.14