Reborn-Art Festival

利他と流動性 [ 後期 ] 2022年8月20日 (土) - 10月2日 (日) ※ 会期中に、休祭日を設ける予定です

会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島

新型コロナウィルス感染症対策について

© Reborn-Art Festival 2021-22

FOLLOW US

山内祥太

Shota Yamauchi

石巻中心市街地エリア

1992年岐阜県生まれ。神奈川県在住。2016年東京藝術大学映像研究科メディア映像専攻修了。「TERRADA ART AWARD 2021」ではファイナリストに選出され、金島隆弘賞・オーディエンス賞を受賞。主な展覧会に、個展「Ballet Mécanique」(RICOH ART GALLERY、2022年)、個展「第二のテクスチュア(感触)」(Gallery TOH、2021年)、「水の波紋展2021 消えゆく風景から ― 新たなランドスケープ」(ワタリウム美術館、2021年)、「多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ」(NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、2021年)、「TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展」(寺田倉庫 G3-6F、2021年)、「六本木クロッシング2019:つないでみる」(森美術館、2019年)など。Reborn-Art Festival 2017 にカオス*ラウンジとして参加。

作品番号 :
A1
タイトル :

我々は太陽の光を浴びるとどうしても近くにあるように感じてしまう。

「水の波紋展2021 消えゆく風景からー新たなランドスケープ」より / Photo by Koichi Takemura

制作年 :
2021
山内祥太は、テクノロジーをベースに制作したデジタルイメージと、身体や粘土といったプリミティブな素材を掛け合わせた、デジタルと彫刻的想像力の融合を主な作品制作として試みています。

「大画面に映し出される肌色の生き物は、果たして人間なのかゴリラなのか。この生き物は、自身の皮膚をまるで服のように着たり脱いだりを繰り返し、それをストリップショーのごとく見せびらかします。そのように恥部をさらけ出して、過激に振る舞う姿を見せ物のように楽しむ精神性を、私は現代人のコミュニケーションの中に見ています」(山内祥太)
展示場所 :
石巻駅前の空き地
GoogleMapで調べる
鑑賞時間:
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

参考画像

  • 山内祥太
    《カオ1》

    2021年
    第二のテクスチュア(感触)
    Photo by Koichi Takemura

  • 山内祥太
    《我々は太陽の光を浴びるとどうしても近くにあるように感じてしまう。》
    2021年
    水の波紋展2021 消えゆく風景からー新たなランドスケープ
    Photo by Koichi Takemura

同じエリアの展示アーティスト

トップへもどる

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
[ 後期 ]
— 利他と流動性 —

【 会期 】

2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)
※ 休祭日:8月24日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)


【 会場 】

宮城県 石巻市街地
(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、
牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)


【 鑑賞時間 】

石巻市街地(石巻中心市街地、
復興祈念公園周辺、渡波)
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
平日 10:00〜16:00(15:30最終受付)
土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

※ 施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和4年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

EXELCO DIAMOND

【 後援 】

TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、
khb東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】



Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

日本製紙株式会社石巻工場、西濃運輸株式会社、
石巻専修大学
株式会社宝栄建設、
FSX株式会社、社会福祉法人夢みの里

このウェブサイトでは
できるだけ最新の情報を掲載していますが、
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイト、または SNS をご確認ください。

観光バスで効率的に作品鑑賞ができるリボーンツアー予約受付中