Reborn-Art Festival

利他と流動性 [ 後期 ] 2022年8月20日 (土) - 10月2日 (日) ※ 会期中に、休祭日を設ける予定です

会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島

新型コロナウィルス感染症対策について

© Reborn-Art Festival 2021-22

FOLLOW US

【 終了しました 】セッション・ダイニング #3 / ゲストシェフ:井上和洋「Restaurant UOZEN」(新潟)

2つ星名店のシェフがリボーンアート・ダイニングへと誘われます。
迎えるのは Antler Crafts 主宰の小野寺望さんとその仲間たち、そして、時間をかけて向き合ってきた石巻シェフたち。

牡鹿半島に住む鹿、人を包む自然。半島の土地は時にもの寂しげに見え、しかし本来の力強さでそこにあり続けるように思います。

自然界と料理に、実直に向き合い、最後には人を温める。井上シェフと「UOZEN 」との時間が、石巻に登場します。

今回の値段設定は、シェフのご意向をお伺いして決定したものです。間近に料理に触れてほしい思いを込めて、石巻への敬意をこめてかと想像します。この機会にダイニングの会場にお越しになってはいかがでしょうか。
 


【 限定メニュー 】
・アミューズ 鹿と牡蠣の石巻ドック 穴子と紫蘇のブーケ
・クジラのタルタル ナスタチューム
・牡鹿半島のムール貝 焼き茄子 干し草
・赤豚のリヨネーズ
・新潟コシヒカリのリオレ ブルーベリー


【 セッションダイニング #3 】

9月3日(土)① 11:00〜12:30 ②13:00〜14:30 販売終了
9月4日(日)① 11:00〜12:30 ②13:00〜14:30 残りわずか

予約する

料金:6500円(税込み)

ゲストシェフ:井上和洋「Restaurant UOZEN」(新潟)

ホストシェフ
・須田修平「ISHINOMAKI まるしん」(石巻)

With “ Antler Crafts Friends ”
・佐々木紗矢香「こうめ」(仙台)
・大宮譲二「George」(仙台)4日のみ
・和賀靖公「日本料理新茶屋」(奥州市)4日のみ
・小野寺望「Antler Crafts」(牡鹿)4日のみ

トップへもどる
このトピックをシェアする
facebook
twitter
line

最新のトピック

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
[ 後期 ]
— 利他と流動性 —

【 会期 】

2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)
※ 休祭日:8月24日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)


【 会場 】

宮城県 石巻市街地
(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、
牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)


【 鑑賞時間 】

石巻市街地(石巻中心市街地、
復興祈念公園周辺、渡波)
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
平日 10:00〜16:00(15:30最終受付)
土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

※ 施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和4年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

EXELCO DIAMOND

【 後援 】

TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、
khb東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】



Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

日本製紙株式会社石巻工場、西濃運輸株式会社、
石巻専修大学
株式会社宝栄建設、
FSX株式会社、社会福祉法人夢みの里

このウェブサイトでは
できるだけ最新の情報を掲載していますが、
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイト、または SNS をご確認ください。

観光バスで効率的に作品鑑賞ができるリボーンツアー予約受付中